「ひいろ」とは?

言葉 詳細
緋色

概要 (Wikipediaから引用)

『緋色の研究』(ひいろのけんきゅう、英: A Study in Scarlet)は、アーサー・コナン・ドイルによる長編小説。シャーロック・ホームズシリーズの最初の作品で、1886年に執筆され、翌1887年に発表された。 ホームズとワトスンの出会いと、その後起こる殺人事件を描く。事件の捜査が行われる第1部「医学博士、元陸軍軍医ジョン・H・ワトスンの回想録の翻刻」と、犯行に至った歴史が導かれる第2部(無題)の2部構成を採る。 あらすじ 第1部 第1部はワトソンの回想の形で始まる。 医学博士ジョン・H・ワトソンはイギリス軍の軍医としてアフガニスタンの戦場に赴くが、左肩に重傷を負い(後の作品では部位が脚に変わっていて、ホームズシリーズの謎の一つ)、イギリスに送還された。為す事もなく過ごしていると、かつて助手をしていた男からシャーロック・ホームズという特異な人物を紹介され、ベーカー街221Bで共同生活を開始する。初対面にもかかわらず、ワトスンが負傷してアフガニスタンから帰ってきたことや、見も知らぬ男の前歴を言い当てたホームズの観察力と推理力は、ワトスンを驚かせる(岩波少年文庫版「冒険」に記されている「ホームズからの挨拶―初めてホームズの物語を読む人のために―」にも述べられている)。

火色

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。