「ひう」とは?

言葉 詳細
ひ生

概要 (Wikipediaから引用)

小千谷バイパス(おぢやバイパス)は、新潟県小千谷市木津から同長岡市十日町に至る、延長11.0 kmの国道17号(重複:国道351号・国道403号)のバイパス道路。 小千谷市内を南東から北へ縦貫し、長岡市に至るバイパス道路である。実質的なバイパス区間は、小千谷市木津から長岡市妙見町の7.0 km間で、この区間は交通量の増加に伴う拡幅工事が行われた区間である。 実質的なバイパス区間は全線暫定2車線で供用されているが、当初の計画では4車線となる予定である。また、妙見町以北は完成4車線となっている。薭生IC以南は小千谷市街東部の山地をトンネルで貫き、以北は山地が信濃川に落ち込んだ険しい地形のところを通っていた旧区間(現在の新潟県道589号小千谷長岡線)の多降雨時通行不能区間を迂回して、長大橋梁2本(小千谷大橋と越の大橋)を通って信濃川対岸に大きく迂回する経路をとる。

日宇

概要 (Wikipediaから引用)

日宇駅(ひうえき)は、長崎県佐世保市日宇町にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の駅である。 早岐駅から乗り入れる大村線の列車も利用が可能である。 駅構造 島式ホーム1面2線を持つ地上駅。側線が1本ある。ホームから離れたところに上屋のみの待合所があり、その角にホームに至る地下道への小さな入口がある。 無人駅。プラットホーム上に食券式の自動券売機が設置されていたが、磁気式の自動券売機に交換の上待合所の中に移設された。待合所の内部には竹で作った「JR 日本最西端駅から二番目」の記念碑がある。 利用状況 2010年度の1日平均乗車人員は299人である。 駅周辺 国道35号 日宇郵便局 佐世保市役所日宇支所 親和銀行日宇支店 日宇川 ジャパネットたかた本社 長崎県立佐世保南高等学校 佐世保工業高等専門学校 佐世保市立日宇中学校 佐世保市立日宇小学校 白岳神社 バス路線 高速バス(日宇駅前) 長崎 - 佐世保線 1910年(明治43年)12月26日 - 開業。