「ひうら」とは?

言葉 詳細
火浦

概要 (Wikipediaから引用)

火浦 功(ひうら こう、本名:宮脇 敏博、1956年11月14日 - )は、日本の小説家、SF作家。広島県三原市生まれ。和光大学人文学部中退。劇画村塾出身。 1980年、早川書房『SFマガジン』主催のハヤカワ・SFコンテストに応募した『時を克えすぎて』が小松左京氏らの目に留まり、同誌より『瘤弁慶二〇〇一(こぶべんけいにいまるまるいち)-戦慄の人間アパート、タチバナ荘物語』でデビュー。ギャグSFのみならず、シリアスな作品やハードボイルドも執筆している。遅筆で中断したシリーズや未完の作品が多い。また、小説を執筆し始めるとなぜか天変地異や大事件が起こるという自称「天災作家」。 ゆうきまさみやとり・みき、出渕裕など友人に漫画・アニメ関係者が多く、プロットに参加したり(『機動警察パトレイバー』。なお、その際の与太話から生まれたのがガルディーンである)、自身の作品のキャラデザインを頼んだり挿絵を描いてもらったりしている。 代表作は『高飛びレイク』シリーズ(未完)、『みのりちゃん』シリーズ(未完)、『未来放浪ガルディーン』シリーズ(未完)など。

樋浦

概要 (Wikipediaから引用)

樋浦 勉(ひうら べん、1943年1月25日 - )は、日本の俳優、声優。劇団青年座所属。東京府(現:東京都)出身。 本名は同じ字であるが、「ひうら つとむ」と読む。娘に声優の樋浦茜子がいる。 略歴・人物 2004年以前は、劇団俳優座、劇団自由劇場、黒テント、境事務所に所属していた。 1965年の岡本喜八監督、三船敏郎主演の東宝映画『血と砂』にて少年楽団兵の一人として出演。少年楽団兵のほとんどは同年、夏木陽介主演の『青春とはなんだ』の高校生役としてレギュラー出演することになり、ラグビー部のキャプテン・土井として出演した。土井の朴訥だが生真面目な役柄が定着し、青年期はそういった役柄が多かったが、しだいに主に主人公に楯突く役が多くなり、2時間ドラマ等では、被害者役を演じることがある。映画では『楢山節考』や『八甲田山』ではいずれも悲惨な死に方をする役柄を演じており、北野武監督、主演の『座頭市』では、気弱な飯屋のおやじの姿とは裏腹に真の黒幕であるヤクザの頭領役を演じた。

日浦

概要 (Wikipediaから引用)

日浦 孝則(ひうら たかのり、1960年1月17日 - )は日本のミュージシャン。広島県東広島市出身。インディーズレーベルVanilla Sky Records所属。元classのメンバー。 広島県安芸津町沖に浮かぶ大芝島生まれ。人口が500人余りの小島で現在は本土と橋が架かる。蜜柑栽培などを営む兼業農家に育つ。フォークソングの洗礼を浴びた最後の世代。吉田拓郎に憧れ二光の通信販売でギターを購入、コピーを始めた。広島県立呉三津田高等学校入学後は今度はロックの洗礼を受けエレキギターに持ち替えバンドを結成。高校卒業後、京都の立命館大学理工学部電気工学科に進学。洋楽のコピーを続けたが19歳の時、高校の後輩に誘われ吉田拓郎の篠島のコンサートに行く。5日前に島に行き1番乗りかと勇んだが、整理番号は29番でショックを受けた。このコンサートのドキュメンタリーフィルムにLARKのTシャツを着て出ている。コンサートに感激し日本語の歌を作ろうと決意した。ヤマハのポプコンなど多くのコンテストに出場し25歳で上京。 1987年、テイチクよりソロデビュー。

日裏

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。