「ひえ」とは?

言葉 詳細
日栄

概要 (Wikipediaから引用)

『ロプロ』より : 商工ローン会社 - 日本保証 旭化成グループ企業 - 旭化成コマース 下野金井日栄 法華系仏教の人物 室町・安土桃山時代の僧。

日枝

概要 (Wikipediaから引用)

日枝 久(ひえだ ひさし、1937年12月31日 - )は、日本の実業家。株式会社フジ・メディア・ホールディングス代表取締役会長、株式会社フジテレビジョン代表取締役会長。2011年9月1日より東京文化会館館長、同年10月20日より公益財団法人東京都歴史文化財団理事長。東京都生まれ。 株式会社フジテレビジョン(現フジ・メディア・ホールディングス)代表取締役社長、社団法人日本民間放送連盟会長、日本美術協会代表理事(会長)などを務めた。旭日大綬章叙勲。 1961年、早稲田大学教育学部を卒業、フジテレビジョンに入社。 労働組合で書記長に就任。 1980年5月に編成局長に就任。1983年6月に取締役編成局長となる。1986年6月、常務取締役総合開発室担当に就任。1988年6月、代表取締役社長に就任。 2001年6月、フジテレビジョン代表取締役会長に就任。また、2003年4月から日本民間放送連盟会長を務めた。2008年10月、認定放送持株会社となったフジ・メディア・ホールディングスの子会社として新設されたフジテレビジョンの会長に就任。

比延

概要 (Wikipediaから引用)

比延駅(ひええき)は、兵庫県西脇市鹿野町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)加古川線の駅。 1924年(大正13年)12月27日 - 播丹鉄道 野村駅(現在の西脇市駅) - 谷川駅間の開通と同時に開業、旅客・貨物の取扱を開始>。 1943年(昭和18年)6月1日 - 播丹鉄道の国有化により国有鉄道加古川線の駅となる。 1962年(昭和37年)3月1日 - 貨物の取扱を廃止。 1973年(昭和48年)10月1日 - 無人化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道の駅となる。 1990年(平成2年)6月1日 - 加古川鉄道部発足により、その管轄となる。 2009年(平成21年)7月1日 - 加古川鉄道部廃止に伴い神戸支社直轄へ変更され、加古川駅の被管理駅となる。 駅構造 谷川方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅(停留所)。加古川駅管理の無人駅となっており、自動券売機や乗車駅証明書発行機も設置されていない。開業以来の駅舎をそのまま使用している。 元々は相対式ホームで現在使用しているホームの向かい側に使用されていないホームがあり、開業時に植樹されたソメイヨシノの古木がある。

比恵

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

比衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

比江

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ひえ

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

概要 (Wikipediaから引用)

『ヒエ』より : ヒエ(稗、英名:Japanese barnyard millet、学名:Echinochloa esculenta (A. Braun) H. Scholz (1992))は、イネ科ヒエ属の植物。アイヌ語ではピヤパ。 イヌビエ (zh:稗)E. crus-galli (L.) Beauv (1812)より栽培化され、穎果を穀物として食用にする農作物である。栽培化が行われたのは日本列島を含む東アジア領域と推測されている。 日本列島、朝鮮半島、中国東北部といった東北アジアを中心に栽培される品種群と、中国雲南省を中心に栽培される麗江ビエの2大品種群に分かれる。インドで栽培されるインドビエ E. frumentacea (Roxb.) Link (1827)は、しばしばヒエと同一視されるが、これはコヒメビエE. colona (L.) Link (1833)を栽培化したもので、異なる種である。

冷え

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ヒエ

概要 (Wikipediaから引用)

生物の分類 分類界: 植物界 Plantae門: 被子植物門 Magnoliophyta綱: 単子葉植物綱 Liliopsida亜綱: ツユクサ亜綱 Commelinidae目: カヤツリグサ目 Cyperales科: イネ科 Poaceae亜科: キビ亜科 Panicoideae連: キビ連 Paniceae属: ヒエ属 Echinochloa種: ヒエ esculenta”Echinochloa esculenta”w:Millet Japanese barnyard milletヒエ属の利用には栽培化されていない野生種の種実を採取して食用とする文化も知られており、サハラ砂漠以南のアフリカではブルグ(バンバラ語)”E. stagnina” (Koen.) Beauv. (1812)など数種が利用されている。ヒエと混同されやすい穀物 雑穀としてシコクビエ”Eleusine coracana” (Linn.) Gaertn.とトウジンビエ”Pennisetum typhoideum” Rich.が知られる。前者はオヒシバ属に、後者はチカラシバ属に属し、同じイネ科ではあるが縁の遠い植物である。調理形態もヒエが主に粒食であるのに対して、これらは粉食による利用が主流である。外観も全く異なり、これらがヒエと混同されるのはひとえに和名にヒエが付いていることに引きずられた結果である。

ひえる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

冷える

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。