「び」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

この記事では美(び、希: καλόν カロン、 羅: venustas, bellus、フランス語:beauté、英: beauty)について解説する。 まず辞書や百科事典でどのように説明されているのか見てゆく。 広辞苑ではまず次のような説明を掲載している。 美しいこと。美しさ よいこと。りっぱなこと。そして3番目に哲学用語の「美」を挙げており次のような説明になっている。 (哲学)知覚・感覚・情感を刺激して内的快感をひきおこすもの。ブリタニカ百科事典では、(広辞苑の3番目に挙げてある哲学的説明から入り)、「感覚、特に視聴を媒介として得られる喜悦・快楽の根源的体験のひとつ」としている。 感覚的な美と精神的な美。様々な位相の美。そしてブリタニカ百科事典ではつづいて次の注意点を指摘している。 対象にみられる均衡・充実・輝きによって惹起される(タイプの美もある) だが、直接感覚を通さない いわゆる《精神美》も考えられ、それは「超越美」と呼ばれる。

概要 (Wikipediaから引用)

尾(お)、別名尻尾(しっぽ)、尾っぽ(おっぽ)は動物の後部(頭の反対側)である。英語ではtail。特にはっきりとしたしなやかな、体幹の後方部分のことをいう。生物学的なものと、一般的なものでは異なる場合が多々ある。 尾(び)は、魚やエビを数えるのに使用する助数詞。一尾、二尾、……。本項では 1. について記載する。 尾とは、動物一般において、体の後端付近が細長くなっているものを指す。基本的には脊椎動物のものをこう呼び、それ以外の動物ではそれに似て見えるものを類推的にこう呼ぶ、といったところである。 脊椎動物のうち、四肢動物においては後肢の付け根に肛門が開き、いわゆる内臓はそれより前に収まる。従ってそれより後方は脊椎骨とそれを取り巻く筋肉からなり、それ以前の部分より遙かに単純である。形態的にもそれ以前の部分より細くなって区別できることが多いため、これを区別したものが尾部である。哺乳類と鳥類では仙骨及び尾骨及び周囲の筋肉と皮膚、場合により毛、羽毛または鱗に覆われている。尾は移動(魚類など)、バランス(ネコなど)、把握(サルなど)、社会的シグナル(イヌなど)に使われる。

概要 (Wikipediaから引用)

名称=日 記号=d, d 単位系=メートル法他 物理量=時間 定義=24時間 SI=86400 s 由来=平均太陽日日(にち、か)は時間の物理単位 単位である。日本語では、漢語の数詞に続く場合は「にち」、和語の数詞に続く場合は「か」と読む。(「よん」、また場合によっては「なな」は漢語数詞のように扱う)人類社会に普遍的な単位であり、度量衡を問わずよく使われる。近代的な単位系では24時間 (単位) 時間 1440分 86400秒と定義される。国際単位系(SI)では、分や時間などと共に、「SIと併用されるがSIに属さない単位」の1つである。1ヶ月の中での暦日(れきじつ)の順序を表すのにも用いられる。例えば「6月18日」である。現在では0時を暦日の始まりとする。日本語では、この用法の場合だけ、1日を「ついたち」と読む。

概要 (Wikipediaから引用)

数学における微分形式(びぶんけいしき、英: differential form)とは、微分可能多様体上に定義される共変テンソル場である。微分形式によって多様体上の局所的な座標の取り方によらない関数の微分が表現され、また多様体の内在的な構造のみによる積分は微分形式に対して定義される。微分多様体上の微分形式は共変テンソルとしての座標変換性によって、あるいは接ベクトル空間上の線型形式の連続的な分布として定式化される。また、代数幾何学・数論幾何学や非可換幾何学などさまざまな幾何学の分野でそれぞれ、この類推として得られる微分形式の概念が定式化されている。 エリ・カルタンによって微分方程式を幾何学的に捕らえようとする試みから生まれた微分形式は、解析学や幾何学のいろいろな概念や公式を統一的な視点からまとめ、形式的な計算により多くの結果を得、多様体などの図形を調べるのにも非常に強力な道具になっていった。