「びあほーる」とは?

言葉 詳細
ビアホール

概要 (Wikipediaから引用)

ビアホール (beer hall) - 主にビールを提供する飲食店。本稿で詳説する。 ビアホール (via hole) - 多層のプリント基板で、層間を電気的に接続するためのメッキ穴。単に「ビア」と呼ばれることも多い。 ビアホール (BEER HALL) - 1990年代前半にソフィアが開発し、西陣が発売したパチンコ遊戯機の名称。『CR一気』を参照。ビアホール (英語: beer hall, ビヤホールとも) は、ビールをテーマとした飲食店である。 日本のビアホール 日本では1897年(明治30年)7月20日、大阪市北区中之島の大江橋南詰に大阪麦酒株式会社(現在のアサヒビール)によって、「氷室生ビール」と洋食をメニューにした本格的なビヤホール「アサヒ軒」が開かれたのが最初。その2年後の1899年(明治32年)8月4日、東京府京橋区南金六町5番地(現在の東京都中央区銀座8丁目)に、日本麦酒醸造株式会社(現在のサッポロビール)が「恵比寿ビヤホール」を開きれ、初めて「ビヤホール」の名称が使われた。