「びえい」とは?

言葉 詳細
美瑛

概要 (Wikipediaから引用)

美瑛町(びえいちょう)は、北海道上川郡にある町。「日本で最も美しい村連合」加盟。 丘陵地帯で営まれている農業の景観となだらかな曲線が作り出す耕作地の風景が美しい農村景観を作り出しており、「丘のまちびえい」の観光資源になっている。「美しい日本のむら景観百選」、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」(美瑛リフレッシュライン)に選定され、美瑛町を含む1市6町村で「富良野・美瑛観光圏」を形成している。 町名の由来は、アイヌ語の「ピイェ」(油ぎった川、濁った川)が転訛したものであり、開拓者が訛って「ビエイ」と呼んでいたものに「美しく、明朗で王者の如し」という意味を持つ「美瑛」の漢字があてられた。 地理 北海道のほぼ中央、大雪山国立公園の十勝岳連峰と夕張山系との間に位置している。地勢は波状丘陵であり、市街地から河川流域に沿って放射線状に集落が形成され、河川流域では稲作が、丘陵地帯では畑作が行われている。美瑛町はこれまで十勝岳の噴火による災害に見舞われてきており、関係機関と連携して火山砂防対策に取り組んでいる。

美栄

概要 (Wikipediaから引用)

美栄橋駅(みえばしえき)は、沖縄県那覇市牧志一丁目にある沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は8。 2003年(平成15年)8月10日 - 開業。 駅構造 島式ホーム1面2線。エスカレーター・エレベーターあり。 のりば 利用状況 2014年度の乗車人員は、1日平均2,369人、降車人員は2,447人である。 駅設備 コインロッカー - 改札内に設置。 中型(最初の8時間400円、以後2時間毎に200円追加)6個 小型(最初の8時間300円、以後2時間毎に100円追加)25個 公衆電話 - 改札外に1台設置。 自動販売機(飲料) - 改札外に1台、改札内に2台(内1台は車椅子対応)、ホームに2台設置。 トイレ - 改札内に設置。 駐輪場 - 駅南側にある。無料。 駅周辺 駅は久茂地川に沿って位置する。 交通 駅前にベロタクシー(自転車タクシー)が待機 料金 - 「ちょい乗り」100円から 駅前にタクシー乗り場あり 接続する路線バス 毎週日曜日12:00 - 18:00の間は国際通りがトランジットモールにより交通規制されるため、一部の国際通り経由の路線バス(30番・33番・46番・52番・61番)が経路を変更して「美栄橋経由」として久茂地川沿いの市道を通過、美栄橋駅前にもバス停が設置されている。