「びおら」とは?

言葉 詳細
ビオラ

概要 (Wikipediaから引用)

ヴィオラ、ビオラ、ヴァイオラ、バイオラ (Viola) 楽器 ヴィオラは広義には西洋の全ての擦弦楽器。中世フランス語でヴィオール(広義)。 ヴァイオリン族(古いイタリア語でヴィオラ・ダ・ブラッチョ族) ヴァイオリン族の中で中音域を担当するのが、狭義のヴィオラ。18世紀までヴァイオリン族には多くのサイズがあったが、今日用いられるのはヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス(ダブルベース)。なお、コントラバスはヴァイオリン族とヴィオラ・ダ・ガンバ族の特徴を併せもつ。 ヴィオラ・ポンポーサ - 18世紀の5弦のヴィオラ。 ヴィオラ・ダ・ガンバ族 ヴィオラ・ダ・ガンバ - 16~18世紀(フランス語でヴィオール〈狭義〉)。脚で挟んで演奏した。いくつかのサイズがあるが、とくにバス・ヴィオラ・ダ・ガンバを略して単にヴィオラ・ダ・ガンバということが多い。 ヴィオラ・バスタルダ - 16~17世紀イタリアで特殊な用途に用いられた小型のバス・ヴィオラ・ダ・ガンバの別称。