「びく」とは?

言葉 詳細
魚篭

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

びく

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

比丘

概要 (Wikipediaから引用)

『僧』より : 僧(そう)は三宝の1つで、本来は「仏教の戒律を守る、男性の出家者である比丘、女性の出家者である比丘尼(びくに)の集団」である、「僧伽」(そうぎゃ、梵: संघ, saṃgha, サンガ)のこと。今日では、「僧伽に属する人々」の意である「僧侶」が転じて、個人を「僧」と呼ぶことが多いが、原義として、僧とは戒師により親しく具足戒(波羅提木叉)を授けられ、これを守る出家修行者たちの集団そのものを、集合的に指す。 古代インドでは、仏教に限らず、婆羅門以外の出家者・遊行者のことを、一般に「沙門」と呼ぶが、その中でもこの仏教の「僧伽」の正式な構成員は、男性であれば「比丘」(びく、「乞食」の意)、女性であれば「比丘尼」(びくに)と呼び表される。 サンガ(僧伽)とは 僧伽(サンガ)は、一般に「僧団」と言いかえることもできるが、釈迦当時の時代はもちろん、現代においても上座部仏教、大乗仏教、密教を問わず、在家信者を含まない純粋な、出家者たちの共同体である。

魚籃

概要 (Wikipediaから引用)

魚籃坂(ぎょらんざか)は、東京都港区三田四丁目と高輪一丁目の境に存在する坂である。なお、魚籃坂の「籃」は「くさかんむり」ではなく「たけかんむり」である。 地形 魚籃坂下交差点から登り、頂上から伊皿子坂に至る(すなわち麻布側からの登りが魚籃坂、頂上から海側に降りる坂が伊皿子坂である)。 魚籃坂下交差点付近には図書印刷本社、ケビン山崎が運営するジム「トータルワークアウト」1号店、および2005年11月までほぼ日刊イトイ新聞事務所が入居していた「明るいビル」(三田和順会館)などがあった(現在は進学塾・SAPIXが入居)。 名称の由来 坂の中腹に魚籃寺が存在することから付けられた。 関連項目 魚籃坂にて:牧野信一による随筆。当時は郊外であった当地が描かれている。 病院坂の首縊りの家:横溝正史の執筆した長編推理小説。舞台がこの近辺に設定されている。(作品中では魚籃坂下から大丸ピーコック高輪魚籃坂店の裏に上る坂が「病院坂」とされている。) 「魚籃坂横断」:カーネーションのアルバム『SUPER ZOO!』に収録されている楽曲。