「びくたーいんたらくてぃぶそふとうえあ」とは?

言葉 詳細
ビクターインタラクティブソフトウエア

概要 (Wikipediaから引用)

『マーベラスインタラクティブ』より : 株式会社パック・イン・ビデオ(PACK-IN-VIDEO CO., LTD. )は、かつて存在した日本のビデオ・コンピュータゲーム製作会社。法人としては2007年6月30日にマーベラスエンターテイメント(現:マーベラス)へ吸収合併されるまで存続していた。 沿革 1970年に、日本ビクター(現:JVCケンウッド。1972年にレコード製作事業をビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)として分社)・東京放送(TBS。現:東京放送ホールディングス)が設立の中心となり、他に学習研究社(学研)・電通・毎日新聞社・東映・松下電器産業(現:パナソニック)・テイチク(現:テイチクエンタテインメント)・凸版印刷が出資して、ビデオソフト制作・販売会社として設立された。 会社設立当初の1970年代前半はまだVHSが存在せず、ビデオソフトの販売が出来なかったため、同時期から洋画の上映権等の買い付け(映画配給事業)や、独自にビデオソフト向けの映像制作事業などを始める。