「ぴすとる」とは?

言葉 詳細
ピストル

概要 (Wikipediaから引用)

『拳銃』より : 拳銃(けんじゅう)は、片手で射撃するためにデザインされた銃の総称である。小型で携帯性・秘匿性に優れており、主に護身用に使用される。 火縄銃が伝来した直後から日本でも製造されており、短筒、馬上筒などと呼ばれていた。洋式火器が輸入されるようになった幕末から短銃、ピストル(蘭: pistool)と呼ばれるようになった。英語のハンドガン(handgun)が日本で意訳された言葉である拳銃と並んで一般的な呼称となっている。しかし米国で単に「ピストル」というと普通は自動拳銃を指し、回転式拳銃はリボルバーと呼ばれる。また、暴力団関係者の間でははじき、チャカといった隠語で呼ばれている。 日本の防衛省では、けん(拳)銃を英語のpistolに対応する語とし、「片手で保持して照準し,弾丸を発射できる銃。」と定義している。 両手で扱う他の火器と比較して、次のような特徴を持つ。 小型である 銃床を持たず銃身が短く携帯性に優れている。各国の警察官も拳銃を携行している事が多い。犯罪者の側も隠し持つために有利であるので、大型銃と比較し所持規制が厳しい傾向にある(アメリカは州により法律が異なるが、自宅に置く「所有」は規制が緩いが、「携行」は警察官を除き許可を要する州もある)。