「ぴすとんりんぐ」とは?

言葉 詳細
ピストンリング

概要 (Wikipediaから引用)

ピストンリングとは、レシプロエンジンや圧縮機、油圧機器等のピストン外周の溝にはめられる円環状の部品である。 シリンダ内壁に対して、ピストンの側面全体ではなく円周という線による接触にするための、一種のすべり軸受。ピストンピンほどではないが、材質の耐久性がかなり要求される部品とされる。 レシプロエンジンのピストンリング レシプロエンジンの場合、気密を保つためのコンプレッションリングと、潤滑を行うオイルリングとがある。多くの場合、トップリング、セカンドリング、オイルリングの3本1セットでピストンに装着される。トップリングとセカンドリングには、コンプレッションリングが使用される。合い口が切ってあり、シリンダ内壁へのバネ性と装着性が付与されている。燃焼によりピストンに伝えられた熱をシリンダブロックへと逃がす働きもしている。 コンプレッションリング ピストンとシリンダ内壁との間のすき間を無くし、燃焼室からクランクケース側へと圧縮ガスが抜ける(ブローバイ)ことを防ぐためのもの。