「ぴたごらす」とは?

言葉 詳細
ピタゴラス

概要 (Wikipediaから引用)

ピタゴラス(古代ギリシア語: Πυθαγόρας ὁ Σάμιος (Pȳthagórās ho Sámios)「サモス島のピュータゴラース」また単純にΠυθαγόρας (Pȳthagórās)、イオニア方言形: Πυθαγόρης (Pȳthagórēs)、英語: Pythagoras、紀元前582年 - 紀元前496年)は、ピタゴラスの定理などで知られる、古代ギリシアの数学者、哲学者。彼の数学や輪廻転生についての思想はプラトンにも大きな影響を与えた。「サモスの賢人」、「クロトンの哲学者」とも呼ばれた。古代ギリシア語の発音により忠実に表記するならばピュタゴラス、ピュータゴラースとなる。 後世にピタゴラス本人が書いた著作物は一点も残されておらず、ピタゴラス個人の言行や人物像は、弟子や後世の研究者の書いた伝記や註釈書といった、多くの間接的な情報で出来上がっている。 生涯 ピタゴラスはタレスと同じイオニア地方のサモス島で生まれた。父親は宝石細工師だったという。古代ギリシアの伝記作家たちの一致するところでは、エジプトで幾何学とエジプトの宗教の密儀を学び、フェニキアで算術と比率、カルディア人から天文学を学んだという。