「ぴちぴち」とは?

言葉 詳細
ぴちぴち

概要 (Wikipediaから引用)

『ぴちぴちピッチ』は、横手美智子と花森ぴんくによる日本の漫画作品、およびこれを原作としたテレビアニメ、ゲーム等のメディアミックス作品。愛称は「ぴっち」。 講談社の少女漫画雑誌『なかよし』で2002年9月号から2005年4月号まで連載。テレビアニメ版はテレビ愛知・テレビ東京系列局で『マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ』、『マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ ピュア』というタイトルで2期まで放送された。 ジャンルは魔法少女+美少女戦隊であり、人魚姫伝説をモチーフにした内容となっている。また、歌と恋愛が作品のひとつのテーマでもある。この作品では歌を武器にボイス攻撃で敵を攻撃する。なお敵側の初登場時は水系統の魔法や植物(海草)でマーメイドに攻撃を仕掛けてくるが、後にマーメイド達と同じく歌を武器にした刺客達が登場してくる。 あらすじ 北太平洋の国のマーメイドプリンセス・るちあは、同族のにこらが成人の儀式を迎えた夜、「成人していない者は海の上へ出てはならない」という掟を破って密かに海面へと上った。

ピチピチ

概要 (Wikipediaから引用)

ピチピチパニックは、総合芸能学院テアトルアカデミーに所属する10代の女の子(中高生)で結成したアイドルユニット。彼女たちが行うイベントの名称でもある。略称は「ピチパニ」または「P3」。メンバーは「ピの子」と呼ばれる。2003年夏に結成し、新宿での二度の公演を経て、その後イベントの舞台を秋葉原に移した。いわゆる秋葉系 アキバ系のファンで会場は毎回満員御礼になったという。イメージビデオのリリースや撮影会の開催も行っていた。新宿での公演は通常のチケット制であったが、秋葉原では商品の販促イベントが前提(商品を購入した人がイベントに参加できる)ということもあり、初期は紙のパンフレット、後期は特製のオマケDVD-Rを商品として販売し、購入者にイベント参加券が配布されるという独自の方式を採用していた。