「ぴっころ」とは?

言葉 詳細
ピッコロ

概要 (Wikipediaから引用)

ピッコロはフルートの派生楽器であり、フルートと同じ指使いでちょうど1オクターヴ高い音が出る移高楽器である。 構造はフルートとほぼ同じであるが、上述のように同じ指使いでちょうど1オクターヴ高い音を出せるよう、基本的にはフルートの長さを半分にしたような構造となっている。収納・運搬の際は歌口のある頭部管とキーのある胴部管とに分割することができ、頭部管を胴部管に差し込む長さによってピッチを調整する。 現代のベーム式フルートとは、次の点で異なっている。 フルートは足部管を持ち、最低音は中央ハ(C4;C足部管の場合)であるが、ピッコロは通常足部管を欠いているので、最低音は中央ハから長9度上のニ音(D5)である。 フルートの胴部管は円筒管、すなわち内径が均一であるのに対し、ピッコロは現代の楽器にあっても古い構造を保持し、先の方が若干細くなる円錐管となっている。これによって高次倍音を得やすくしている。 フルートの管体は洋銀、銀、金などの金属製が大半なのに対し、ピッコロでは金属性の音色が鋭すぎるという理由から、頭部管のみ金属製として胴部管は黒檀などの木材や合成樹脂を使用したり、頭部管・胴部管ともに木材や合成樹脂を使用することが多い。