「ぴっぷ」とは?

言葉 詳細
比布

概要 (Wikipediaから引用)

比布町(ぴっぷちょう)は、北海道中央部・上川盆地にある町。 キャッチコピーは、スキーといちごのまち。 地理 上川盆地の北西部にあり、町の南境を石狩川が流れる。 町の北端に塩狩峠があり、和寒町との境界になっている。 隣接している自治体 上川総合振興局管内 旭川市 士別市 上川郡 (石狩国):当麻町、愛別町 上川郡 (天塩国):和寒町 町名はアイヌ語の「ピピ」あるいは「ピプ」(石の多いところ)からとされる。 1895年 滋賀、香川、愛媛の各県から比布原野に入植。 1906年 上川郡鷹栖村(現鷹栖町)から分村、二級町村制、上川郡比布村 1921年 一級町村制、比布村 1962年 町制施行、比布町。 行政 町長 伊藤 喜代志 経済 産業 農業の中心は稲作だが、野菜や果物への転作も進んでいる。特にイチゴは名産品となっている。 農協 比布町農業協同組合(JAぴっぷ町) 郵便局 比布郵便局(集配局) 蘭留簡易郵便局 宅配便 ヤマト運輸:道北主管支店北海道上川センター(旭川市) 佐川急便:旭川店(旭川市) 公共機関 警察 旭川中央警察署比布駐在所 姉妹都市・提携都市 入植団体の一つ、滋賀県湖南市(旧下田村)と友好交流提携している。