「ふ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

府(ふ) 中国 「蔵」の意味 原意は、古代中国で官物や財貨を収蔵した蔵。 農業が盛んで収穫が高く豊かな土地。「天府」とも。蜀の地など。 「政庁」の意味 王府: 漢代から明初にかけて、各地に王として封じられた皇族が軍事と行政の拠点として開いた政庁。税穀を備蓄するための蔵が並んでいたことが語源。 王府: 明代から清代にかけて、都や主要都市の要所に置かれた皇族の大邸宅。こちらはただの邸宅にすぎないが、上記の王府の名残りでやはり王府といった。明初南京の燕王府、清代北京の恭王府など。 「地区」の意味 使府: 唐代から宋代にかけて、各地で軍事権と行政権を掌握した節度使が本拠とした地。広州府、揚州府、許州府)など「州」がつくものが多い。 京府: 唐以降の歴代王朝において、都や陪都として機能した大都市の副称。唐の北京太原府・南京成都府・西京鳳翔府・南都江陵府、渤海の上京龍泉府・東京龍原府・中京顕徳府・南京南海府・西京鴨緑府、遼の上京臨潢府・中京大定府・東京遼陽府・西京大同府・南京幽都府→南京析津府、後唐の北都真定府、五代後漢の北都大同府、南唐の東都広陵府、西夏の東京興慶府・西京西平府、北宋の東京開封府、西京河南府、北京大名府、南京応天府、南宋の臨安府、金の上京会寧府・中都大興府・南京遼陽府→府東京遼陽府・南京平州府・北京大定府・西京大同府・南京開封府、元の西京大同府・明の南京応天府・北京開封府・北京順天府、清代の盛京奉天府など。

概要 (Wikipediaから引用)

『消費税』より : 消費税(しょうひぜい)は、消費に対して課される租税。日本においては、「消費税法に規定する消費税」と「地方税法に規定する地方消費税」の総称。 分類 消費税は消費そのものを課税対象とする直接消費税と最終的な消費の前段階で課される間接消費税に分類できる。前者の「直接消費税」にはゴルフ場利用税などが該当し、後者の「間接消費税」には酒税などが該当する。 間接消費税はさらに課税対象とする物品・サービスの消費を特定のものに限定するかどうかに応じ、個別消費税と一般消費税に分類できる。 消費税 直接消費税 間接消費税 個別消費税 一般消費税以下消費税と言う場合には特に断りが無い限り一般消費税のことを言う。 なお、中華人民共和国にも「消費税」(消費税)と呼ぶものがあるが、一部の「贅沢品」だけにかかる特別税で、日本の制度としては既に廃止された物品税に近い。日本の消費税に類似する一般間接税は「増値税」(增值稅、付加価値税の意味)と呼ばれる。 個別消費税 個別消費税は特定あるいは一群の財貨・サービスに対する課税である。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

プラス記号 (+) とマイナス記号 (−) は、正負や加法および減法の表記に使われる数学記号である。これらの記号は多かれ少なかれ類似点のある他のいろいろな意味にも拡張されて使われてきた。プラス (plus) とマイナス (minus) は、それぞれ「より多い」と「より少ない」を意味するラテン語の表現である。日本語においては、プラス記号については、加算記号として用いる場合には足す(たす)と読み、マイナス記号については、減算記号として用いる場合には引く(ひく)と読む。プラスとマイナスを合わせて「プラスマイナス」「プラマイ」と呼ぶこともある。 これらの記号はいまやアルファベットやアラビア数字と同程度に見慣れたものであるが、それほど歴史は古くない。たとえば、エジプトヒエログリフの加算記号は文章が書かれる方向(エジプト語では右横書きと左横書き両方が用いられた)へ歩いている一組の脚に似ており、左右反転した記号が減算を表した。

概要 (Wikipediaから引用)

訃報 2015年11月は、2015年11月に物故した人物の一覧である。 (1日 - 15日) 11月1日 - 岩野正彦、日本の実業家、住友商事元副社長(* 1925年) 11月1日 - 深江章喜、日本の俳優(* 1926年) 11月1日 - ギュンター・シャボフスキー、旧東ドイツの政治家、ジャーナリスト。元ノイエス・ドイチュラント編集長。東ドイツ人民議会議員、ドイツ社会主義統一党(SED)政治局員、党ベルリン地区委員会第一書記(* 1929年) 11月1日 - フレッド・トンプソン、アメリカ合衆国の俳優、政治家、元上院議員(* 1942年) 11月1日 - 目黒士門、日本の文学研究者(フランス文学)、フランス語学者(* 1933年) 11月2日 - 加藤治子、日本の女優(* 1922年) 11月2日 - 原禮之助、日本の実業家、元セイコー電子工業社長(* 1923年) 11月2日 - 木村力雄、日本の教育行政学者、東北大学名誉教授(* 1935年) 11月2日 - 森健志郎、日本の実業家、高知県立坂本龍馬記念館長(* 1942年) 11月2日 - 仁田陸郎、日本の元裁判官、東京高等裁判所元長官(* 1942年) 11月3日 - あしたひろし、日本の漫才師(* 1922年) 11月3日 - 小西康雄、日本野球連盟元理事(* 1943年) 11月4日 - ルネ・ジラール、フランスの文芸批評家、アカデミー・フランセーズ席次37(* 1923年) 11月4日 - メリッサ・マシスン、アメリカ合衆国の脚本家(* 1950年) 11月4日 - 全良雄、日本の実業家、奈良フィル創設者、オーボエ奏者(* 1950年) 11月5日 - ジョージ・バリス、アメリカ合衆国のデザイナー(* 1926年) 11月5日 - 杉野直道、日本の実業家、元日本経済新聞社専務、元テレビ東京社長(* 1931年) 11月5日 - 佐藤正敏、日本の経営者、損害保険ジャパン会長(* 1949年) 11月5日 - 神谷英山、日本の書家、毎日書道展審査会員(* 1960年) 11月6日 - イツハク・ナヴォン、イスラエルの政治家、第5代大統領(* 1921年) 11月6日 - 須川保、日本の実業家、元三菱倉庫専務(* 1923年) 11月6日 - 秦正二、日本の実業家、元ハーモニック・ドライブ・システムズ副社長 (* 1926年) 11月6日 - 青木薪次、日本の政治家、元日本社会党参議院議員、第61代労働大臣(* 1926年) 11月6日 - 原澤秀夫、日本の実業家、東急ストア元社長(* 1931年) 11月6日 - 松浦輝夫、日本の登山家(* 1934年) 11月6日 - 木下一彦、日本の分子生理学者、早稲田大学理工学術院教授(* 1946年) 11月7日 - 山本浩三、日本の法学者、元同志社大学長(* 1925年)  11月7日 - 日野太郎、日本の電子物理工学者、東京工業大学名誉教授(* 1927年) 11月7日 - 星野命、日本の心理学者、国際基督教大学名誉教授(* 1927年) 11月7日 - 李乙雪、朝鮮民主主義人民共和国の軍人、政治家(* 1934年) 11月7日 - 石田雄彦、日本の競輪選手(* 1934年) 11月7日 - 安宅昭弥、日本の実業家、安宅産業専務(* 1934年) 11月7日 - 美馬大道、日本の実業家、ペガサスミシン製造社長(* 1935年) 11月7日 - 堀長文、日本の演出家、テレビプロデューサー(* 1936年) 11月7日 - ガンナー・ハンセン、アメリカ合衆国の俳優(* 1947年) 11月7日 - 宇江佐真理、日本の小説家(* 1949年) 11月8日 - 酒井謙太郎、日本の実業家、元東海銀行副頭取、元丸万証券会長(* 1923年) 11月8日 - 高崎裕士、日本の環境運動家(* 1931年) 11月8日 - 梅本茂夫、日本の実業家、元富士紡ホールディングス社長(* 1942年) 11月9日 - アンディ・ホワイト、アメリカ合衆国のドラマー、「5人目のビートルズ」と呼称される人物のひとり(* 1930年) 11月9日 - 芹澤邦雄、日本の競馬ジャーナリスト、サンケイスポーツ元編集局次長(* 1940年) 11月10日 - ヘルムート・シュミット、西ドイツの政治家、元国防相・経済相・財務相、第5代首相(* 1918年) 11月10日 - 安井鍵太郎、日本のプロ野球選手(内野手)(* 1918年) 11月10日 - 野村光雄、日本の政治家、元公明党衆議院議員(* 1922年) 11月10日 - 上田完次、日本の生産工学者、東京大学名誉教授、兵庫県立工業技術センター所長(* 1926年) 11月10日 - アラン・トゥーサン、米国ルイジアナ州ニューオーリンズのピアニスト、歌手、ソングライター、プロデューサー(* 1938年) 11月10日 - 並河信乃、日本の元社団法人行革国民会議理事兼事務局長(* 1941年) 11月10日 - 吉村恵美子、日本の女優(* 1963年) 11月10日【死去報道】 - パット・エデリー、イギリス・アイルランドの元競馬騎手(* 1952年) 11月11日 - 今野栄喜、日本の実業家、元旭化成工業副社長(* 1924年) 11月11日 - 鈴木未央子、日本の童画家(* 1931年) 11月11日 - 大塚雄司、日本の実業家、元オンワード樫山専務(* 1937年) 11月11日 - 高政巳、日本の書家、毎日書道展審査会員(* 1947年) 11月11日 - フィル・テイラー、イギリスのドラマー、元モーターヘッドメンバー(* 1954年) 11月12日 - 荒木誠之、日本の法学者、九州大学名誉教授(* 1924年) 11月12日 - 鈴木正和、日本の元アナウンサー、日本放送協会元職員(* 1927年) 11月12日 - 江森陽弘、日本のジャーナリスト、キャスター、元朝日新聞編集委員(* 1932年) 11月12日 - 藤井恒嗣、日本の実業家、元東邦アセチレン社長、元東ソー常務 (* 1947年) 11月13日 - 金関毅、日本の解剖学者、佐賀大学元副学長(* 1926年) 11月13日 - 大木浩、日本の政治家、元自由民主党参議院議員・衆議院議員、第3代環境大臣(* 1927年) 11月13日 - 野村哲也、日本の実業家、前清水建設社長 (* 1939年)  11月13日 - 野尻知里、日本の実業家、元テルモ上席執行役員 (* 1952年) 11月14日 - 一木平蔵、日本の画家、日本美術協会会員 (* 1924年) 11月14日 - 花岡宗助、日本の官僚、元日本銀行政策委員、元大阪ガス副社長、特殊法人日本自転車振興会第9代会長 (* 1925年) 11月14日 - ニック・ボックウィンクル、アメリカ合衆国の元プロレスラー、元AWA世界ヘビー級王者(* 1934年) 11月14日 - 山根伸介、日本のコメディアン、チャンバラトリオリーダー(* 1937年) 11月14日 - 阿藤快、日本の俳優、タレント(* 1946年) 11月15日 - 入江薫、日本の作曲家、宝塚歌劇団名誉理事 (* 1920年) 11月15日 - 山県敬、日本の応用微生物者、近畿大学名誉教授 (* 1922年) 11月15日 - 近藤友一、日本の実業家、元三共生興副社長 (* 1924年) 11月15日 - 高鳥王昌、日本の実業家、タカトリ創業者(* 1925年) 11月15日 - 一海知義、日本の中国文学者、神戸大学名誉教授(* 1929年) 11月15日 - 下妻博、日本の実業家、住友金属工業元社長、第13代関西経済連合会会長(* 1937年) 11月15日 - 栗原孝、日本の政治家、前大牟田市長(* 1938年) 11月15日 - 横井孝範、日本の実業家、名鉄グランドホテル社長(* 1952年) (16日 - 30日) 11月16日 - 松本嘉司、日本の土木工学者、鉄道技術者(* 1929年) 11月16日 - 山田汎暁、日本の書家、毎日書道展審査会員(* 1933年) 11月16日 - 岩間辰志、日本の実業家、元サッポロホールディングス社長 (* 1939年) 11月17日 - 小林尚一、日本の実業家、元東日本実業団陸競連理事長(* 1939年) 11月17日 - 坂口玲子、日本の翻訳者(* 1940年) 11月17日 - 宮下盛、日本の海水養殖者、近畿大学水産研究所所長、名誉教授(* 1943年) 11月18日 - 舘野万吉、日本の実業家、元日本製鋼所社長 (* 1915年) 11月18日 - 秋山虔、日本の国文学者、文化功労者、東京大学名誉教授(* 1924年) 11月18日 - 野沢協、日本のフランス文学者(* 1930年) 11月18日 - 田部井康寿、名古屋南部大気汚染公害訴訟の原告団長 (* 1935年) 11月18日 - 湯原哲夫、日本の実業家、ソーダニッカ社外取締役 (* 1944年) 11月18日 - ジョナ・ロムー、ニュージーランドの元ラグビー選手(* 1975年) 11月19日 - 小倉基、日本の政治家、世界連邦東京都渋谷区連合会会長 (* 1931年) 11月19日 - 内海隆一郎、日本の作家 (* 1937年) 11月19日 - 白井智之、日本の病理学者、名古屋市立大学名誉教授 (* 1946年) 11月20日 - 木間章、日本の政治家、元日本社会党衆議院議員(* 1930年) 11月20日 - 佐藤茂雄、日本の実業家、京阪電気鉄道最高顧問、大阪商工会議所会頭(* 1941年) 11月20日 - 北の湖敏満、日本の大相撲力士、第55代横綱、日本相撲協会理事長(* 1953年) 11月21日 - 高村多賀子、日本の数学者、東京女子大学名誉教授 (* 1930年) 11月21日 - 野沢由己夫、日本の実業家、日本カーリット社長(* 1931年) 11月21日 - ケン・ジョンソン、アメリカ合衆国の野球選手(* 1933年) 11月21日 - 毛利甚八、日本の著作家、漫画原作者(* 1958年) 11月21日 - キャロル・バック、アメリカの女性マネジングディレクター (* 1961年) 11月21日 - 松山幸次、日本の俳優(* 1975年) 11月22日 - 金泳三、韓国の政治家、第14代大統領(* 1927年) 11月22日 - 松岡巌、日本の実業家、日立製作所元副社長(* 1930年) 11月22日 - 喜田勲、日本の神学者、上智大学名誉教授 (* 1942年) 11月22日 - フジモトマサル、日本の漫画家、イラストレーター(* 1968年)  11月23日 - 真板益夫、日本の教育者、学校法人君津学園の創立者(* 1920年) 11月23日 - 鈴木雅洲、日本の産婦人科医、東北大学名誉教授(* 1921年) 11月23日 - 横尾龍彦、日本の洋画家(* 1928年) 11月23日 - 今井洋介、日本のアーティスト(* 1984年) 11月24日 - 高田宏、日本の小説家、エッセイスト(* 1932年) 11月24日 - 松林豊斎、日本の朝日焼窯元十五世(* 1950年) 11月25日 - 赫規矩夫、日本の実業家、高速 (企業)創業者(* 1934年) 11月25日 - 白川澄子、日本の声優(* 1935年) 11月25日 - 藤田辰也、日本の俳優、作曲家(* 1962年) 11月25日 - オニール・ベル、ジャマイカのプロボクサー、元世界三団体統一世界クルーザー級王者(* 1974年) 11月26日 - 松尾宣夫、日本の自衛官(元航空総隊司令官) (* 1930年) 11月26日 - 辛島昇、日本の歴史学者、博士(文学)(東京大学)、東京大学名誉教授・大正大学名誉教授(* 1933年) 11月27日 - 松葉邦男、日本の政治家、元長野県軽井沢町長(* 1931年?) 11月28日 - タリフォラウ・タカウ、トンガのラグビー選手(* 1988年) 11月29日 - 近藤等、日本のフランス文学者、登山家、早稲田大学名誉教授(* 1921年) 11月29日 - 浜口俊一、日本の実業家、元関西電力副社長(* 1922年?) 11月30日 - 佐藤泰正、日本の近代日本文学研究者、梅光学院大学特任教授(* 1917年) 11月30日 - 谷川寛三、日本の政治家、元衆議院議員・参議院議員【自由民主党所属】、第47代科学技術庁長官(* 1920年) 11月30日 - 水木しげる、日本の漫画家(* 1922年) 11月30日 - 岡本おさみ、日本の作詞家(* 1942年) 11月30日 - 村上勝、日本の現代美術家(* 1945年) 脚注 ==。

概要 (Wikipediaから引用)

普(ふ/ぷ) プロイセンとりわけプロイセン王国を指す場合が大きい。 例:普仏戦争 普通の略。 例:普通選挙の略である「普選」。普通列車・各駅停車を単に「普」と省略する場合もある。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『斑鳩』 (IKARUGA、いかるが) は、株式会社トレジャーの製作した縦スクロールシューティングゲーム。2001年12月20日に業務用として稼動(使用システム基板はNAOMI)。 2002年9月5日にはドリームキャスト版が、2003年1月16日にはニンテンドーゲームキューブ版が発売された。また、2008年4月9日にはXbox Live Arcadeで配信開始。2013年8月10日からNESiCAxLive、2014年2月19日からSteamでも配信が開始された。家庭用移植版には、企画初期設定を再現したプロトタイプモードなども実装されている。2015年11月にXbox OneのXbox360後方互換に対応し、Xbox Live Arcade版をXbox One上で遊ぶことができるようになった。 ドリームキャスト版のキャッチコピー「撃て!避けろ!そして…当たれ!」に端的に表されているように、一般的なシューティングゲームだとミスの要因にしかならない敵キャラの発する弾に、属性を合わせて当たることで吸収し、防御や攻撃に生かすことができるという、当時のシューティングゲームではあまり見られなかったシステムを採用している。

概要 (Wikipediaから引用)

『マイナス』より : マイナス minus マイナス記号 (−) 負の数(マイナスの数) 減法演算(引き算) 負極。直流電源の端子の片側。 マイナス (漫画) - 山崎さやか(沖さやか)の漫画。 マイナス (レコードレーベル) - リッチー・ホゥティンが主催するレコードレーベル マイナス思考 - 物事を悲観的に考えること。 minus(-) (日本の音楽グループ) - 森岡賢と藤井麻輝の音楽ユニット maenas マイナス (ギリシア神話) - ディオニュソス(バックス)信者女性。

概要 (Wikipediaから引用)

歩 ほ 歩行。歩くこと。 歩く時の足を前に出す回数を表す単位。前に来る数字によっては読み方が「ぽ」になる(「一歩」=「いっぽ」など)。本来は両足を交互に前に出すことだが、現代日本ではそれぞれの足を前に出す(本来の語法では「半歩」「跬」)ごとに1歩とするのが普通である。 步姓 - 中国語の姓(拼音: Bù プー)。歩隲など。 ぶ 歩 (尺貫法) - 長さ・面積の単位。 面積の単位の下につけて、ちょうどの値であることを示す(「三町二反歩」など)。 1割の10分の1、すなわち元の値の100分の1のこと。「分(ぶ、1⁄10)」から転じた。利息・金利などを表す場合には「歩」の方がよく使われる。 江戸時代の金貨の単位・分が転じた別表記。 歩兵・雑兵 ふ 歩兵 (将棋) - 将棋の駒。 北島三郎の曲 あゆみ・あゆむ 日本語の男性名・女性名。

概要 (Wikipediaから引用)

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(ふぬけども、かなしみのあいをみせろ)は、本谷有希子による戯曲、及びそれを原作とした関連作である。2005年7月に小説版が刊行、そして2007年には映画化された。 女優志望の勘違い女を主人公に、彼女を題材にしたホラー漫画を描いて恨まれている妹や兄夫婦など、4人の人物が主に登場するブラック・コメディ。 2000年に初演。本谷が主宰する劇団、本谷有希子の第1回公演作であった。2004年に再演。この模様はDVD化されている。 再演の後、本谷自身によって小説化され、「群像」の2004年12月号に掲載された。これは第18回三島由紀夫賞の候補になった。 2007年に、佐藤江梨子主演で映画化された(監督・脚本は 吉田大八)。 あらすじ 北陸のとある山間部に暮らす和合清深は、漫画を描くことを趣味とする暗い女性。ある日、両親が交通事故死したことを受けて、清深の姉・澄伽が帰省する。澄伽は4年前、女優を目指して上京し人気が出なかったために帰省したが、我侭で自意識過剰な性格は相変わらず。

概要 (Wikipediaから引用)

『楽譜』より : 楽譜(がくふ)は、楽曲を演奏記号や符号などの記号によって書き表したものである。一般に、西洋音楽に発祥したものを指すが、世界の音楽において、様々な楽譜が存在している。また、この記号化の規則を記譜法といい、楽譜を譜面と呼んだり、単に譜と呼んだりもする。 楽譜は、ことばを記録する文字と役割が似ているが、文字が必ずしも朗読されることを目的として書かれるのでないとの対照的に、楽譜はほとんどの場合演奏されることによって目的が達成される所が大きく異なる。 文字では筆記者の意図を書き記したものと語られている内容を書き取ったものとがあるのと同様に、楽譜にも筆記者(作曲家・編曲家など)の意図を書き記したものと演奏を書き取ったものがあり、楽譜の作られ方に若干の相違が生じる。 また、音楽の記録のためには、音そのものを録音するという方法があり、この方法は音楽の微細な表情を記録するのに非常に有効である。しかし、録音が演奏の記録にすぎないのに対して、楽譜には音を使わずに読むことができるので演奏しながら読むことができる・演奏のためのさまざまなヒントを記すことができる・時間の流れを越えて視覚的に把握することができる・といった特徴があり、録音に取って代わられるものではない。

震る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

降る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

振る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

古る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ふる

概要 (Wikipediaから引用)

『東北本線優等列車沿革』より : 東北本線優等列車沿革(とうほくほんせんゆうとうれっしゃえんかく)では、東北本線・常磐線を運行していた特急列車・急行列車等のうち、青函連絡船あるいは津軽海峡線を介して本州対北海道輸送に資していた東京 - 青森 - 北海道間輸送列車、東京対東北都市間輸送に資していた東京 - 東北都市間輸送列車の沿革を記載する。 本項目の対象外となるもの 以下の各項目(特に2015年現在運行されているもの)については、単独の記事にある為、本項では記述しない。 東北新幹線運行列車…当該路線項目及びはやぶさ・はやて・やまびこ・なすの等の各列車項目 宇都宮線(上野 - 黒磯間)区間のみの運行列車…おはようとちぎ・ホームタウンとちぎ#宇都宮線優等列車沿革 日光線・東武線直通列車…日光 (列車)#国鉄・JR東日本日光線優等列車沿革 両毛線直通列車…あかぎ (列車)#両毛線優等列車沿革・おはようとちぎ・ホームタウンとちぎ#宇都宮線優等列車沿革 磐越西線直通列車…あいづ・白虎 奥羽本線直通列車…つばさ・あけぼの 大船渡線優等列車…スーパードラゴン 東北新幹線開業後の盛岡 - 青森間運行列車…はつかり・つがる・スーパー白鳥 花輪線優等列車…八幡平 大湊線優等列車…しもきた 常磐線・上野東京ライン内で完結する優等列車…ひたち 津軽海峡線経由寝台特急列車…北斗星・カシオペア 東京 - 青森 - 北海道間連絡輸送列車 東北本線は、青函連絡船・稚泊連絡船を挟み本州⇔北海道・樺太連絡の使命をも担っており、その重要性から急行列車や準急列車などは、増発と到達時分の短縮が繰り返されてきた。

旧る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『修羅の門』より : 『修羅の門』(しゅらのもん)は、川原正敏による日本の漫画作品。千年に亘り不敗を誇るとされる架空の古武術・陸奥圓明流の継承者である陸奥九十九(むつ つくも)を主人公とし、陸奥圓明流が地上最強であることを証明するため、彼が様々な強敵達と戦う様を描く格闘漫画。 『月刊少年マガジン』(講談社)において1987年5月号から1996年12月号まで連載の後に長期休載。2010年11月号より『修羅の門 第弐門』として連載を再開し、2015年7月号を以て完結した。 1990年、第14回講談社漫画賞少年部門受賞作。 連載経緯 前作『あした青空』において描かれた格闘シーンが好評を得たことにより、連載終了後に改めて格闘漫画を描くことを編集部から打診され、本作が制作されることとなった。日本を舞台に第一部で実戦空手との対戦、第二部で異種格闘技大会を描いた後、第三部では舞台をアメリカに移しプロボクシングへの挑戦、第四部ではブラジルに場を移して世界規模での総合格闘技大会を描いている。

概要 (Wikipediaから引用)

附属池田小事件(ふぞくいけだしょうじけん)は、2001年(平成13年)6月8日に、大阪府池田市の大阪教育大学附属池田小学校で発生した、小学生無差別殺傷事件である。 以降、元死刑囚本人を“甲”(文中未修正箇所は“被告人”)と略する。 甲の生い立ち、家系、家族 甲の先祖は旧薩摩藩の下級武士で、甲の家系では事件発生前まで代々誇りにしていた。甲家の男子にも代々受け継がれ、法律や警察関係の仕事を行う者が多かった。 武士だった甲の曽祖父は、明治維新の直後に丁髷を落として警察官に就任し、鹿児島県から奄美大島に渡った後、大阪・河内へ移住した。甲の祖父は、甲の父親が17歳になった年の春に死去している。甲の父親は小学校で学歴を終え、甲家一家の大黒柱として6人の家族を養ってきた。 甲の父親は、甲の祖父と幼い頃から自宅の庭で木刀を打ち合っていたと言い、「自分は薩摩武士だ」との強烈なプライドを生涯持ち続けていた。父親によれば「『誰にも迷惑をかけない』というのは、大きな私のテーマでありました」と語っている。

概要 (Wikipediaから引用)

賦(ふ)とは、中国の韻文における文体の一つ。漢代に形成された。抒情詩的要素が少なく、事物を羅列的に描写する。事物の名前を列挙することを特徴とするので、日本では古来、かぞえうたと称された。『漢書』芸文志に「歌わずじて誦ず、これを賦と謂う」とあり、漢詩が歌謡から生まれたのに対し、賦はもとより朗読されるものであったと考えられる。接続詞なども多く使われ、散文の要素が多く取り入れられている。文体の性格としては漢詩と散文の中間に位置する。 『楚辞』離騒の系譜を継ぐものと考えられ、合わせて辞賦と称される。 押韻 押韻は通常、換韻がなされ、一韻到底は少ない。換韻は意味的な段落が変わるときになされることが多い。隔句韻が最も多く、また毎句韻も多い。しかし、散文的要素が強い場合、長く押韻しないものもしばしばである。 構造 賦の冒頭には「序」がつけられ、最後には「乱」あるいは「訊」がつけられる。序では賦を作った動機などが説明され、乱や訊では賦全体の大意が要約された。 賦の種類 賦は時代や特徴に応じて次の四つに分類される。