「ふぁごっと」とは?

言葉 詳細
ファゴット

概要 (Wikipediaから引用)

ファゴットは、木管楽器の一つで、オーボエと同様に上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード(複簧)式の管楽器である。低音〜中音部を担当し、実音で記譜される。低音域でも立ち上がりが速く、歯切れのよい持続音を出すことができる。英語に従い、バスーンまたはバズーンとも呼ばれる。 16世紀中頃には使われていたといわれ、当初は2キーだったが、18世紀には3〜4キーとなった。外観が似ているカータル(ドゥルシアンとも)という楽器が直接の祖先とする説が有力である。 構造 通常、楽器本体は大きく次の4つの部分に分けられる。 (a) ベルジョイント (b) ロングジョイント(バスジョイントとも) (c) テナージョイント(ウイングジョイントとも) (d) ダブルジョイント(ブーツジョイントとも)(e)の部分はボーカルと呼ばれる吹き口で、この先端にリードを取付ける。