「ふぁたは」とは?

言葉 詳細
ファタハ

概要 (Wikipediaから引用)

ファタハ(アラビア語: فتح‎ ラテン文字転写:Fatḥ 英語: Fatah)は、パレスチナの政党。1957年、パレスチナ独立を目標としてヤーセル・アラファートにより設立され、パレスチナ解放機構(PLO)に加入した。 党名の「ファタハ」は、アラビア語の「パレスチナ民族解放運動」(Harakat al-Tahrir al-Watani al-Filastini)の頭文字を逆に綴った言葉。アラビア語で「征服」や「勝利」との意味もある。 1957年1月1日にシリアの支持の元に設立。初代議長はヤーセル・アラファートで、1967年にパレスチナ解放機構(PLO)に加入した。PLO各派は当初はヨルダンを本拠地にイスラエルへの武装闘争を繰り返したが、1970年にパレスチナ解放人民戦線が起こしたPFLP旅客機同時ハイジャック事件が契機となったフセイン1世国王によるヨルダン内戦の結果、ヨルダンから追放されレバノンに本拠を移した。