「ふるみぞ」とは?

言葉 詳細
古溝

概要 (Wikipediaから引用)

古溝 克之(ふるみぞ かつゆき、1963年11月14日 - )は、福島県福島市出身の元プロ野球選手(投手)。 来歴・人物 福島商3年生時の1981年に春夏連続で甲子園に出場。春の選抜は1回戦で御坊商工に敗れる。夏の選手権は清水雅治のいた浜田高を延長10回の熱戦で降し、2回戦に進むが、秋田経大付の松本豊投手に抑えられ敗退。卒業後は社会人野球の専売公社東北に入社。早くから注目され、1983年の都市対抗に新日本製鐵釜石、翌年の同大会には岩手銀行に補強され出場。 1984年のドラフト2位で阪急ブレーブスに入団。切れの良い速球派として1986年には一軍に定着し、6月には初先発を果たす。翌年は開幕から先発投手陣に加わり、1988年には自己最多の10勝を挙げるものの、以後は低迷。 1994年に渡辺伸彦との交換トレードで阪神タイガースに移籍。速球に加えて左右の揺さぶりで勝負するようになり、移籍1年目には故障離脱した田村勤に代って抑え投手に定着、18セーブを記録する。