「ぶかん」とは?

言葉 詳細
武漢

概要 (Wikipediaから引用)

武漢市(ぶかんし/ウーハンし、中国語:武汉市、拼音: Wǔhàn、英語:Wuhan)は、中華人民共和国の中部、湖北省の東部に位置する市で、同省の省都である。副省級市に指定されている。 華中地域全域の中心都市であり、経済的重要性から大幅な自主権をもつ副省級市に指定されている。長江とその最大の支流漢水をはさんで、武昌、漢陽、漢口の三鎮が並立し、江城の異称がある。 近年は近隣の近郊都市群14都市とともに「長江中遊城市群」と言う大都市圏を形成している。具体的には武漢市を中心に、黄石市、鄂州市、黄岡市、仙桃市、潜江市、孝感市、咸寧市、天門市、随州市、荊門市、荊州市、河南省信陽市、江西省九江市、湖南省岳陽市を含む大都市圏である。 古代 黄陂区の盤龍城遺跡には3500年前の殷(商)代・方国都邑が保存され、長江流域で発見された唯一の殷代都市遺跡として知られる。秦代には南郡に属し、漢代に江夏郡となった。晋代に武昌郡と改められ、江夏県に治所が置かれた。今の武昌である。当時は江北に漢陽があり、長江を挟んで向かい同士の二つの街は「双城(双子都市の意)」と称された。

武官

概要 (Wikipediaから引用)

武官(ぶかん)とは、国家若しくは君主から官吏たる軍人に任じられた者又はその軍人の官職をいう。一般的に終身官とされる。通常、軍人の職の総称として用いられるが、国家によっては官名として扱う場合もある。 日本の武官 日本においては大宝律令以来、官吏を文官と武官に分離している。束帯・冠も文官と形状が異なっていたが、後に兼官が多くなった。江戸時代の旗本も文官的職務(役方)と武官的職務(番方)に別れて従事していた。ただし、律令制や江戸時代においての文官・武官は完全に分かれていたわけではなく、人事異動によって文官から武官へまたその逆もあり得た。 明治時代に創設された日本軍においては、国民の義務として徴兵された兵卒は武官ではなく、職業軍人たる士官・下士官のみ武官とされた。自衛隊では、兵卒に相当する陸士・海士・空士は全て志願によって充足され、国家公務員の身分を有するものであるから、武官に含める余地はある。 文官について服制の定めがない場合でも、武官には制服があることがあるため、制服組とも呼ばれる。

武鑑

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。