「ぶきょく」とは?

言葉 詳細
舞曲

概要 (Wikipediaから引用)

舞曲(ぶきょく)は、舞踏のリズムを取りやすくするなどのために使われる伴奏の音楽、あるいは、舞踏のリズムを取り入れた小規模な楽曲。西洋音楽において、舞曲は単独の作品として作曲される場合と、大規模な作品の一部として使用される場合の2つのケースがある。なおバレエ音楽は舞踏のための伴奏音楽に違いないが、一般には舞曲に含めない。 大規模な作品のなかにおける舞曲 バロック時代においては、複数の舞曲を組み合わせて組曲とし、それをもってひとつの作品とするケースが多かった。また古典派の交響曲では、第3楽章に舞曲(主にメヌエット)が使用されることが多かった。ロマン派以降の交響曲では、メヌエットはスケルツォに発展し、舞曲としての性格は弱まっていった。また、交響曲から舞曲を省略する例も多く見られるようになった。 舞曲の種類 アルマンド エコセーズ ヴォルテ エスタンピ ガイヤルド ガヴォット クーラント クラコヴィアク クヤヴィアク サラバンド サルタレロ ジグ シチリアーナ シャコンヌ タランテラ タンゴ チャールダーシュ(またはチャルダッシュ) ヴェルブンク ヴェルブンコシュ パスピエ パヴァーヌ バス・ダンス パッサカリア バレ フォリア ブランル ブレー ポルカ ポルスカ ボレロ ポロネーズ マズルカ ミュゼット メヌエット (スケルツォ) リゴドン ワルツ ウィンナワルツ レントラー 主な作曲家と作品 ブラームス - 『ハンガリー舞曲』 ドヴォルザーク - 『スラヴ舞曲』 コダーイ - 『ガランタ舞曲』、『マロシュセーク舞曲』 ヤナーチェク - 『ラシュスコ舞曲』 バルトーク - 『ルーマニア民俗舞曲』 吉松隆 - 『プレイアデス舞曲集』 関連項目 オルケゾグラフィ - トワノ・アルボの著した舞踊指南書(1588/89) テルプシコーレ - ミヒャエル・プレトリウスの舞曲集(1612)en:Dance (music)。

部局

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。