「ぶぎ」とは?

言葉 詳細
ブギ

概要 (Wikipediaから引用)

ブギ(boogie)とはシャッフル (音楽) スウィングまたはシャッフルのリズムによる反復フレーズでありブルース、スウィング・ジャズ、ロックンロールなどの音楽で用いられる。ブギーとも表記される。元々ピアノで演奏されたブギウギ(boogie-woogie)スタイルのリズムをギターやダブルベースなどの楽器に適用したもの。20世紀初頭にピアノの演奏スタイルとして形作られ1930年代からダンス音楽として広まり、スウィング・ジャズやカントリー・ミュージック カントリーに取り入れられた。単純に聴こえるリズムであるが、実際にループするベースラインを刻み続けると同時に高揚感を煽るインプロヴィゼーションを弾き続けるにはかなり高度なテクニックと高いポテンシャルを要する。

舞妓

概要 (Wikipediaから引用)

舞妓(まいこ)は、京都の上七軒、先斗町、宮川町、祇園甲部、祇園東の五花街で、舞踊、御囃子などの芸で宴席に興(きょう)を添えることを仕事とする女性のことで、芸妓の見習い修行段階の者をいう。 舞妓・芸妓は、今から約300年前の江戸時代に、京都の八坂神社(当時は祇園社)のある東山周辺の、神社仏閣へ参詣する人や街道を旅する人にお茶をふるまった水茶屋の茶立女(ちゃたておんな)にルーツがあり、水茶屋もはじめはお茶や団子を提供していたものにそのうち酒や料理が加わり、その店で働く彼女達が、歌舞伎芝居を真似て三味線や舞踊を見せるようになった。現在も京都の祇園を中心とした花街で厳しいしきたりの下で活躍している。京都市内で、普通に見かける舞妓は、観光客の扮した変身舞妓であり、舞妓が日中、花街や花街以外を出歩くことはめずらしく、京都府民・京都市民でも、本物の舞妓を見かけることはほとんどない。 なお、東京など関東地方における「半玉」、「おしゃく」とは別の文化起源であるため、区別されるものである。 京都の舞妓 古くは「舞子」と書き、かつては9 - 13歳でお座敷に上がり接客作法を学び、芸能など修業して一人前の芸妓に成長していたが、戦後児童福祉法と労働基準法の改正にともない現在は中学卒業後でないとなれない。

武技

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。