「ぶくろ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

袋(ふくろ)とは、物を入れる容器の基本的な形状の一つである。柔軟な素材で作られ、内容物の無いときは折りたたむなどして小さくまとめることに向く。英語のbag(バッグ)やsack(サック)で呼ばれることもある。 袋は柔軟な素材で作られた容器で、主に布や紙またはプラスチックのフィルム等や自然に存在する革で作られる。箱と並んで基本的な容器の形状であり、用途によって様々な素材・大きさ・形状のものが利用されており、また用途に応じて様々な機能が追加された袋もあり、例えば運搬(輸送)に使う袋では内容物が飛び出さないようにするための工夫や、手で持つための取っ手が付けられるものもある。 日用品のうちの容器としても広く使われるが、単に「袋」と呼ぶ場合には、運搬用の道具として専門的に発達したカバンより簡単な形で、多くは持ち運べる物をさす。また、中の物が出ないように口を締められる構造になっている物も多い。使い捨ての簡便な容器から繰り返し利用される鞄の一種まで様々である。 形状的な性質としては、箱も含む容器全般同様に細かい物を収めてひとまとめにすることに向く。