「ぶぐ」とは?

言葉 詳細
武具

概要 (Wikipediaから引用)

武具(ぶぐ)とは、戦いに使われる道具のうち、主に柄物、飛び道具(古来日本にある物)鎧、兜、甲冑、小手、手甲、具足などをいう。いわゆる武器に含まれるもので、兵器に対して武具であり、その中でも白兵戦や格闘戦などの戦闘の際に用いられる武器や防具ほか、シンボル的存在の軍旗、(幟旗等)軍艦旗や纏、指揮用具である軍配団扇、采配の他に火薬フラスコ、馬具等、戦の身の回り品等を含め、特に日本語としての武具は歴史的軍装品のことをいう場合が多い。当記事では、歴史的軍装品について扱う。 武具は個人が個人を相手に戦闘する場合に用いられる道具である。これらの道具は直接相手に損害を与える武器と、自分が相手からの攻撃で損害を被らないための防具に大別され、武器はより大きい損害を与え、防具は可能な限りの防衛を可能にするために研究・発展して来た歴史を持つ。 この際、武術に用いられる道具が武具となるが、日本ではこれらの大半は、相手に損害を与えるための武器が多く、逆に盾といった物は他国と比べると、ほとんど用いられない。