「ぶけ」とは?

言葉 詳細
武家

概要 (Wikipediaから引用)

武家(ぶけ)とは、日本における軍事を主務とする官職を持った家系・家柄の総称。江戸時代には武家官位を持つ家系をいう。広義的に現代では武士一般を指すこともある。 解説 平安時代中期の貴族社会において、官職や職能が特定の家系に固定化していく「家業の継承」が急速に進展していたが、武芸を職能とする下級貴族もまた、「兵(つわもの)の家」として武芸に特化した家柄を形成し、その中から軍事貴族という成立期武士の中核的な存在が登場していった。これらの家系・家柄を指して「武家」もしくは「武勇の家」・「武門」の呼称が生じたとされている。この呼称は、武力・武勇をもって朝家(天皇)に奉仕する家系という意味合いを含んでいた。 その後、武士を統率する有力な指導者が台頭し、東国に鎌倉幕府が成立すると、幕府および鎌倉殿が「武家」と称されるようになった。幕府および鎌倉殿(源頼朝)が、朝廷に対し武力面で奉仕すると約束し、その見返りとして朝廷が、幕府および鎌倉殿の軍事警察権などを公認したことの反映である。