「ぶげいじゅうはっぱん」とは?

言葉 詳細
武芸十八般

概要 (Wikipediaから引用)

『武術』より : 古武道(こぶどう)とは、日本の伝統的な、徒手もしくは鈍器や刃物、火器などの武具の使用法や、水泳、乗馬など戦闘に関わる技術を体系化したものの総称。古流武術、古武術もほぼ同義。武芸、武術、兵法などの類義語もある。対義語は現代武道。 定義と特徴 古武道とは、明治維新以前に成立した武術を指す場合が多い。室町時代から剣術、柔術、槍術、弓術、砲術などがそれぞれ様々な流派として技術化、体系化された。明治時代以降、武道という総称が確立し、現代武道と明確に区別する場合に古武道と呼ばれるようになった。 現代武道が人間形成と体育的見地からの心身の鍛錬を目的とし、スポーツ的な競技試合を重視して技術の体系を構築しているのに対し(例:柔道、剣道)、古武道は基本的に試合での勝敗を目的とせず(流派によっては他流試合を禁じていた)、合戦・決闘・護身や、戦闘で使命を果たすための鍛錬が目的とされていた。