「ぷかぷか」とは?

言葉 詳細
ぷかぷか

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

プカプカ

概要 (Wikipediaから引用)

『プカプカチョコレー島』(プカプカチョコレーとう)は、原ゆたかによる日本の児童文学。あかね書房より刊行されている。 ストーリー ビターはかせの発明した海の水をチョコレートに変える機械「チョコメカ」が壊れて暴走しチョコの島になって流れ出し、漂流する話。各巻ごとに島民が増えていく。2002年に発売された第5巻では南極へ漂流し、海上にできた巨大な穴に吸い込まれて地球の内側へ行ってしまった。しかし2003年以降、原作者の原ゆたかが連載する人気作「かいけつゾロリ」シリーズがアニメ化したりコミックス化したりと、原の仕事が多忙になったことにより、2012年現在までの10年間「プカプカチョコレー島」の続編は発表されていない。 チョコレー島に住む島民 ビターはかせ チョコメカを作った人物。発明の天才で、チョコレー島を自由に操縦できるように改良したのも彼。チョコレー島との衝突により海賊パクルの船が壊れてしまったことの責任を取り、海賊船の修理をさせられている。 ゆきじろー ビターはかせの助手で、しゃべる犬。釣りが得意。もともと雪のように白かったが、暴走したチョコメカのチョコに生き埋めになってしまい、真っ黒になってしまった。