「ぷのんぺん」とは?

言葉 詳細
プノンペン

概要 (Wikipediaから引用)

プノンペン(クメール語: ភ្នំពេញ、英語: Phnom Penh)は、カンボジアの首都で、特別市である。 カンボジアの行政、文化、経済の中心地で、「東洋のパリ」と謳われたフランス植民地時代の美しい街並みが残っている。また、王宮があり、カンボジア国王一家が住んでいる。 プノンペンという名はクメール語で「ペン(夫人)の丘」という意味である。ペン夫人は信心深い女性で、川を流れてきた仏像を見つけ、近くの丘に祠を作り仏像を手厚く祀ったことから「プノンペン」と名付けられ、それが町の名前になった。その丘はワット・プノン(Wat Phnom)と名づけられ、ペン夫人の像や仏塔が立っている。 13世紀 ジャヤヴァルマン7世の時代、ワット・ウナロムの地に寺院が建立されている。 1431年シャムの度重なる侵攻により時の王ポニェ・ヤートはアンコール・トムからコンポンチャム州のスレイ・サントーに遷都したが、あまりに河川の氾濫たびたび起こるのでプノンペンに再遷都したという。