「ぷらむまりこ」とは?

言葉 詳細
プラム麻里子

概要 (Wikipediaから引用)

プラム麻里子(プラムまりこ、1967年11月1日 - 1997年8月16日)は、日本の女子プロレスラーである。本名は梅田 麻里子(うめだ まりこ)。東京都大田区出身。 日本プロレス史上で初めて試合中にリング禍で死去した。 1986年にジャパン女子プロレスの第一期生として入門。同年8月17日、後楽園ホールのユウ山崎戦でデビュー。その後1992年における同団体の分裂に伴い、JWP女子プロレスの旗揚げに参加した。 ジャパン女子時代には第6代JWP認定ジュニアチャンピオン、第4代UWA女子インターナショナル王座となり人気レスラーだった。 またキューティー鈴木とのタッグチーム、ファイティング・ドールズではアイドル的な人気も獲得していた。JWPに入団して以降は度重なる負傷によって欠場が多くなり、前座で若手を相手に試合をすることも多かった。 1997年8月15日に広島市の広島県立総合体育館で行われたタッグマッチ(パートナーコマンド・ボリショイ、対戦相手OZアカデミー(尾崎魔弓・天野理恵子))で尾崎魔弓のライガーボムを受けてピンフォール負けした直後に意識不明の重体となり、救急車で病院に搬送された。