「へい」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

軍隊用語としての兵(へい)は、軍隊の階級区分の一。 解説 士官、下士官、兵のうちの最下級であり、下士官の下に位置する。 兵長、上等兵、一等兵、二等兵等に分かれる。 旧軍などのように徴兵制を採っている場合、兵は徴集または召集された者であるため武官ではない。 一般的な認識の旧陸軍では、部下を持たず、末端の職務に就く。例えば、歩兵の場合、分隊長や班長の指揮下で、小銃等の個人兵器を携行し戦闘を行う。 陸海空の各自衛隊では、士に相当し、陸・海・空の士長、陸・海・空の1士、陸・海・空の2士、陸・海・空の3士に分かれる。 語源 元々、古代中国では"兵"という漢字は"戦争"そのものを表していた。そこから、 戦争をする人 = 兵士 戦争に使う道具 = 兵器 戦争のやり方 = 兵法などの言葉が生まれた。その後、"兵"だけで、"兵士"を意味する語として使われるようになり、現代に至っている。 例えば、孫子の言葉として有名な"兵は詭道なり"などは、"兵"を"戦争・戦い"の意味で使用している例と言える。

閉伊

概要 (Wikipediaから引用)

閉伊郡(へいぐん)は、岩手県にあった郡。令制国下では陸奥国(のち陸中国)に属す。馬の産地として知られた。 郡域 現在の遠野市・宮古市・上閉伊郡・下閉伊郡および釜石市の大部分(唐丹町を除く)にあたるが、行政区画として画定されたものではない。分割以前の陸奥国内で津軽郡に次いで面積が大きく、陸中国では最も面積の大きい郡であった。 『続日本紀』霊亀元年(715年)の記事に見られる「閇村」、『日本後紀』弘仁2年の(811年)の記事に見られる「幣伊村」が後の閉伊郡につながるものとされる。津軽石大森遺跡(現宮古市津軽石)からは古代の分銅とみられる物が出土しており、陸奥国府への貢納物を計量する際に使用されていた可能性も指摘されている。 延久2年(1070年)、陸奥守の源頼俊らにより「閉伊七村山徒」が制圧されたと伝わる(延久蝦夷合戦)。この合戦を契機に郡制が敷かれ、『日本国』の内に組み込まれたと見られている。 奥州藤原氏の支配の下、荘園公領制的な支配に組み込まれたと見られ、閉伊郡には中尊寺領として免田も置かれた。

概要 (Wikipediaから引用)

丙(へい、ひのえ)は、十干の3番目である。陰陽五行説では火性の陽に割り当てられており、ここから日本では「ひのえ」(火の兄)ともいう。 丙の字は、脚が張り出た台を形取ったもので、そこから、芽が地上に出て葉が張り出て広がった状態の意味として、十干の3番目に宛てられた。 十干を順位づけに使った場合には、丙は3番目の意味となる。 西暦年の下一桁が6の年が丙の年となる。 中国語の化合物命名法では、プロパン、プロピル基など、炭素を3つ含む化合物や官能基に付けられる。 丙を含む干支 丙寅 丙子 丙戌 丙申 丙午 丙辰。

概要 (Wikipediaから引用)

屏東市(へいとうし)は台湾屏東県の県轄市。屏東県政府の所在地である。 地理 屏東市は屏東県北西部に位置し、北は九如郷と、東は長治郷、麟洛郷と、西は高屏渓を隔てて高雄市大寮区、大樹区と、南は万丹郷とそれぞれ接している。屏東平原に位置するため地勢は平坦であり、自然条件にも恵まれ物産が豊富である。熱帯モンスーン気候に属し、年間平均気温は24℃、南国風情から「太陽城」とも称されている。 屏東市の旧名は「阿猴」或いは「雅猴」であり、古くは平埔族阿猴社の居住地であった。記録によれば1684年前後に漢人がこの地に入植を開始し、乾隆年間には「阿猴街」と称される街区が設けられている。1836年には外敵の侵入を防ぐ為に城壁を巡らせている。 半屏山の東に位置することから古來「屏東」とも稱されてきたが、1920年の台湾地方制度改制の際、土地の有士の希望もあり「屏東」と改名し、「屏東街」を設置した。1933年に市制施行により屏東市が誕生した。 戦後は付近の万丹郷、九如郷、長治郷を合併し省轄市となった。1950年の行政区域調整の際に、再び屏東市のみを分離し県轄市と改編され現在に至っている。

概要 (Wikipediaから引用)

平(たいら、ひら、なみ、つね、へい) 凸凹が無い様子。 凸凹の無い土地。なだらかな土地。→平地、盆地 日本平など 一般的。変わった性質の無い様子。良いとも悪いとも言えない様子。読みは「ひら」。→普通 平社員など 地名・駅名 日本の地名 平 (いわき市) - 福島県いわき市の地名。1966年9月までは平市。 平 (川崎市) - 神奈川県川崎市宮前区の地名。 平 (糸魚川市) - 新潟県糸魚川市の地名。 平 (舞鶴市) - 京都府舞鶴市の地名。 平 (白浜町) - 和歌山県西牟婁郡白浜町の地名。 平 (勝央町) - 岡山県勝田郡勝央町の地名。植月村、勝間田町参照 平村 (埼玉県) - かつて埼玉県にあった村。現・ときがわ町。 平村 (富山県) - かつて富山県にあった村。現・南砺市。 日本の鉄道駅名 平駅 - 1994年まで存在した、日本国有鉄道並びに東日本旅客鉄道常磐線の駅名。現在のいわき駅。 姓名 日本の氏姓 平氏 - 賜姓皇族に賜れる氏姓。もしくは、その子孫の姓。 平家 - 伊勢平氏六波羅流系統の平氏氏族のこと。

概要 (Wikipediaから引用)

塀(へい)とは、家や敷地などにおいて、他との境界に設置する囲いのこと。目的としては、区画と目隠しの2つの意味がある。 壁・垣との違い 塀と類似した意味で用いられる用語に「壁」があるが、壁は建築物の外壁や内部を間仕切る内壁を指すのに対し、塀にはこういった用法はない。塀とほぼ同じ意味を持つものに垣があるが、こちらは生垣や石垣など、現在ではもっぱら限定された意味で用いられる。英語ではブロック塀をconcrete block wallと呼ぶように、敷地を区分けるという点で壁と塀は同じ語で表されている。 材料 材質により、板塀、土塀、築地塀、コンクリート塀などに分類される。窯業地として知られる佐賀県有田町では「トンバイ塀」と称する塀がある。これは、トンバイ(登り窯を築いたり、壊したりするときにでてくる内壁用の耐火煉瓦)や不要となった陶石などを赤土に混ぜて固めて塀材として使用したものである。 塀をめぐる諸問題 日本 日本においては、1960年代以降の高度経済成長期、内部を見通すことのできないコンクリート製の高いブロック塀が多く設置されたが、地震によるブロック塀の倒壊が問題視されるようになったことや、内部が見通せないことは外から敷地内の犯罪に気付かないケースなど防犯上も問題があるとされ、近年ではブロックを2、3段程度重ねた上にアルミ製のフェンスを設置するケースが多く見受けられる。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

へぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。