「へいか」とは?

言葉 詳細
兵科

概要 (Wikipediaから引用)

兵科(へいか)とは、狭義には、陸軍・海軍軍人に割り当てられた職務区分のうち、主に直接的な戦闘を担当する職務区分。 広義には、直接的な戦闘を担当する戦闘職務以外の後方職務(各部と呼称されることが多い。)をも含んで用いられることや、戦闘を担当する職務以外を含めて細分化された特技職(兵種と呼称されることが多い。)を指すこともある。そのため、単に「兵科」といっても多様な用いられ方をする。 陸上自衛隊では、戦闘を担当する職務以外を含めて、「職種」という。 騎士時代には乗馬本分者とそうでない者などの区別はあったが、近代的軍隊創設のころから部隊や軍人の合理的管理のため兵科制度(この章では概念上の兵科をいう。)が創設されるようになった。伝統的には、歩兵・騎兵・砲兵・工兵が戦闘兵科の中心である。 しかしながら、新兵器の開発により特定の兵器を専門に扱う兵科が新設されたり(古くは砲兵、新しくは航空兵や機甲科など)、外征型の大規模な陸軍の創設により兵站を担当する兵科(輜重兵、需品科、輸送科など)が新設されたり、組織の肥大化と行政的管理の必要性から行政管理的兵科(古くは憲兵、新しくは会計科など)が新設されたり、技術の進展に伴い先端技術を必要とする兵科(通信科や化学科など)が新設される傾向がある。

兵家

概要 (Wikipediaから引用)

兵家(へいか)は中国古代の思想で、諸子百家の一つ。軍略と政略を説く。 代表的思想 兵家の代表的な書物には「孫子の兵法」がある。孫子の兵法は13の篇からなる書物で今でも各国で研究されている歴史的な書物だ。これからはその「孫子の兵法」を中心に思想を説明していく。 孫子の兵法の各篇には名前が付いている。 それぞれ第1篇から、「始計篇」「作戦篇」「謀攻篇」「軍形篇」「勢篇」「虚実篇」「軍争篇」「九変篇」「行軍篇」「地形篇」「九地変」「火攻篇」「用間篇」だ。1 「始計篇」 孫子の兵法の第1章のはじめは「孫子曰く、兵は国の大事なり。死生の地、存亡の地、察せざるべからざるなり。」という文から始まる。これは戦争は国にとって大事な問題である、人民の死生や国家の存亡をかけたものであるから我々は研究しなければならない、という意味。その意のままで国家にとって「戦争」が重要な問題であると述べている。そして戦争を勝利に導くためには5つの要素を大切にしなければならない、と説いている。 その5つの要素とは、 道(君主と国民の関係) 天(自然の事象) 地(地形) 将(将帥の力) 法(軍事制度) の5つこれら5つの事が劣っているか、優っているかによって戦いの勝敗は決まるのである、また、それらの優劣を見ることによって、私はどちらの国が戦いで勝利するのか見極めているのである、と述べる。

兵戈

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

陛下

概要 (Wikipediaから引用)

『敬称』より : 陛下(へいか)は皇帝・天皇・国王等の敬称。「陛」とは宮殿の階段のことで、「階段の下」を意味し、尊敬の対象を直接呼び掛けることを忌むことで敬意を示す。秦以来、中国の皇帝の敬称として用いられた。後漢の蔡邕の説によれば、皇帝に上奏する者は陛の下にいる侍衛の臣にその内容を告げて奏し、侍衛の臣が上奏者に代わって上奏したことに由来するという。 日本では『養老令』儀制令において天皇に上奏する際の敬称として定められ、今日に至るまで天皇の敬称として用いられる。江戸時代までは天皇に対してのみ使われる敬称であったが、皇室典範 (1889年)の制定により、三后(皇后・皇太后・太皇太后)の敬称としても採用され、この四者以外の皇族の継承としては殿下が採用された。現在の皇室典範においても23条において「天皇、皇后、太皇太后及び皇太后の敬称は、陛下とする」、同条2項において「前項の皇族以外の皇族の敬称は、殿下とする。」と定められている。しかし現代のマスコミ報道では陛下を付けるのは天皇のみで、皇后を含めたそれ以外の皇族は、平仮名の「さま」で敬称することが多い。

平価

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

兵火

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

併科

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。