「へいかい」とは?

言葉 詳細
閉会

概要 (Wikipediaから引用)

閉会式(へいかいしき)とは、イベントや競技会の全日程終了時に行われる式である。主にイベントの最終日もしくは最終日翌日に行われる。 閉会式では、国旗降納・閉会宣言・表彰式(競技会の場合)などが行われる。開会式と同様に、アトラクションが実施される場合もある。 近代オリンピックでは、聖火の消灯やオリンピック旗の引き継ぎが行われる。 尚、全国高等学校野球選手権大会やFIFAワールドカップ等の数日間にわたって行われる勝ち抜き形式の競技の場合、敗退が決定したチームは大会終了を待たずに地元へ帰ることが多く、閉会式に出られるのは決勝戦進出の2チーム(3位決定戦がある場合は準決勝進出の4チームの場合もある)だけということもある。オリンピックにおいても、競技者もしくはチームの全参加種目が終了すると最終日を待たずに帰国する場合もある。 最近では優勝チーム表彰で優勝トロフィーが贈呈される時、スポンサーパネルボードの後方に紙吹雪や紙テープが詰まったキャノン砲が発射されることが多い。