「へいき」とは?

言葉 詳細
平気

概要 (Wikipediaから引用)

平気法(へいきほう)とは、二十四節気を配置する方法の一つである。節気間の時間が均等であることからこの名があり、7恒気法(こうきほう)ともいう。黄道を24分割する定気法が空間分割法とも呼ばれることに対し、平気法は時間分割法とも呼ばれる。 冬至から翌年の冬至までの時間を24等分して導き出す。こうして導き出された約15日ごとの分点に節気と中気を交互に配した。そして、基点である冬至を11月に固定して各月には必ず中気が含まれることとし、中気を含まない月ができるとそれを閏月とした。 中国暦では清の時憲暦の直前まで、日本の暦では天保暦の直前まで、いずれも平気法が用いられた。隋の劉焯は平気法は実際の太陽の運行と合致せず非合理的として定気法を提唱したが、実施されることはなかった。 二十四節気の目的は、旧暦における置閏(12朔望月と1太陽年とのずれを補うための閏月の挿入タイミングの決定)のためであるため、1太陽年(≒冬至〜翌冬至)という時間を平均するのが本来であり、天保暦による定気法の採用を改悪という専門家もいる。

兵器

概要 (Wikipediaから引用)

兵器(へいき)は、戦争において使用する全ての車両、航空機、船舶、設備などの事を指し、敵となった目標を殺傷、破壊するためや、敵の攻撃から防御するための機械装置である。兵器は用途別に細かく分類され、その種類は膨大な数に上る。 「武器」との関係 個人が装備する狭義の武器は兵器には含まれないとする場合もあるが、逆に兵器は広義の武器に含まれ、両者の区別はあいまいである。一般に武器は戦争以外の、例えばケンカで使用される物も含まれるが、兵器は戦争などで使用される物に限定される。 兵器の特徴 兵器システム 兵器はシステムとして運用されるために以下の4つの要素から構成され、下位の要素は上位の要素が有効に機能するために存在する。この「兵器がシステムである」という特徴は、単体で機能する武器とは異なる点である。 破壊体:銃弾、砲弾、ミサイルの弾頭など 発射体:銃、砲、ミサイルなど 運搬体:車両、航空機、艦艇など 運用体:レーダー、偵察衛星、コンピュータシステムなど 最新技術と枯れた技術 兵器の開発には多くの資金と人材が使われ、生み出された軍事技術が軍事以外の民生用途にも広がる場合が多いが、逆に軍事以外の民間で開発された技術が兵器に転用される場合もある。

併記

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。