「へいきち」とは?

言葉 詳細
平吉

概要 (Wikipediaから引用)

平吉 毅州(ひらよし たけくに、1936年(昭和11年)7月10日 - 1998年(平成10年)5月28日)は、日本のクラシック音楽の作曲家。 兵庫県神戸市出身。兵庫県立兵庫高等学校を卒業して、1961年(昭和36年)、東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業して、1967年(昭和42年)に、芸大大学院を修了する。長谷川良夫、伊熊良穂に師事した。1969年(昭和44年)、尾高賞を受賞する。芸大非常勤講師、桐朋学園大学教授、沖縄県立芸術大学教授を歴任した。合唱の分野で人気が高く、合唱曲を数多く作曲したほか、晩年はこどものためのピアノ曲に力を入れていた。妻との間に1男1女がいる。 主な作品 管弦楽曲 管弦楽のためのコンポジション 管弦楽のためのバラード 交響変奏曲 ヴァイオリンとオーケストラのための『レクイエム』 ギター協奏曲 海のある風景 ピアノ曲 『南の風』(子供のためのピアノ曲集) 夕顔の花が咲いたよ さようなら ルルの子守唄 月夜のコロボックル 北国のおはなし 菜の花がゆれる カンガルー一家のピクニック 波のたわむれ ロバート・シューマンの夢を見た どんぐりが踊ってる 悲しい夢 蛙の親子がポカポカ散歩 チロのお葬式 四月のセレナーデ スタレガ・ラプソディ サヴァンナをゆく メトロノームのティータイム 仔猫の午睡 骸骨達の陽気な行進 見捨てられた小舟 秋の舟歌 赤い月とこびとの踊り 南の風 ジャングルの闇の中に つくしんぼうがうたった歌 『虹のリズム』(子供のためのピアノ曲集) タンポポがとんだ 想い出 バレリーナの悲しみ 錆びたブランコ 波のお話 ささぶねの航海 はるかなるアフリカ 踏まれた猫の逆襲 ふたりだけのお話 奇妙な追っかけっこ 蛙の散歩 ひとりぼっちのワルツ 子守唄 海の伝説 あやつり人形のひとり芝居 ススキの葬列 みつけられたいたずら 潮風のサンバ 夏の夜のハバネラ 五月の風 夕映の湖 秋の光に落葉が舞って はつかねずみの運動会 真夜中の火祭 チューリップのラインダンス 吹奏楽曲 『シンフォニックバンドのためのコンポジション』 『シンフォニックバンドのためのラプソディー』 『高校祝典序曲』(1978年、兵庫県立兵庫高等学校創立70周年記念委嘱曲) 合唱曲 混声合唱のためのスケッチ『夢』 混声合唱のための組曲『小さな昇天』 児童合唱曲『気球にのってどこまでも』 合唱組曲『空に小鳥がいなくなった日』 混声合唱組曲『ひとつの朝』(組曲中の『ひとつの朝』はNHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲。

兵吉

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。