「へいきん」とは?

言葉 詳細
平均

概要 (Wikipediaから引用)

平均(へいきん、英: mean, 独: Mittelwert, 仏: moyenne)または平均値(mean value)は、観測値の総和を観測値の個数で割ったものである。 例えばA、B、Cという3人の体重がそれぞれ55 kg、60 kg、80 kgであったとすると、3人の体重の平均値は (55 kg + 60 kg + 80 kg)/3 = 65 kgである。 特に断らずに平均という場合の多くはこのような加算して個数で割ったものである。 平均を用いる際の注意 社会調査では、平均を代表値として使うことがある。社会調査では平均が中央値、最頻値、中点値と比べて調査の目的に適切かどうかを検討する必要がある。例を挙げる。 世帯の貯蓄の事例では、一部の大金持ちの巨大な貯蓄が平均値を引き上げてしまう。最も多い数の貯蓄額(最頻値)が仮に300万円だとしても平均は700万円くらいになる。従って、一般的な世帯の貯蓄について考察するのが目的ならば中央値や最頻値を用いる。また、とびぬけた値がごく少数の場合には、最大と最小を除外した刈込平均(トリム平均)を用いることもある。