「へいこう」とは?

言葉 詳細
平行

概要 (Wikipediaから引用)

平行(へいこう、parallel)はある対象同士がどこまでいっても交わらない状態を指す。数学的には 2 つの直線同士、平面同士、あるいは直線と平面が交わらない状態やその図形を指す。またそこから、話し合いや揉め事などが、お互いの歩み寄りがなく結論を迎えない様子をさして、「話が平行線をたどる」と使う。 素朴な定義 同一平面上の2直線について、それらが交わらないこと。 同一空間内の2平面について、それらが交わらないこと。 同一空間内の1つの平面と1つの直線が交わらないこと。数学的な意味合いにおいての直線は、真っすぐな一本の線の両端を無限に伸ばした図形、すなわち両端を持たない図形である。両端を持つ真っすぐな線、線分や片端を持つ真っすぐな線半直線について論じる時には、端を無限に伸ばしたとして交わるかどうかが問題である。数学においては、特に定義しない限り、紙面上に描いた真っすぐな線は両端を持つが、直線とあつかうのが普通である。また平面も同様で無限に拡張されたふちをもたないものが平面となる。 ユークリッド原論においては第五公準として平行線は次のようなものだと述べられている。

平衝

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

併行

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

閉口

概要 (Wikipediaから引用)

下顎張反射(かがくちょうはんしゃ)とは、閉口筋の急激かつ一過性の伸展により生じる閉口の反射を言う。膝蓋腱反射と同様な伸展(伸張)反射である 閉口反射(へいこうはんしゃ)は歯根膜-咬筋反射ともいい、リズミカルな咀嚼を生み出す。その反射弓は閉口筋筋紡錘→三叉神経中脳核ニューロン→閉口筋運動ニューロン→閉口筋の経路をとり、単シナプス性反射である。 関連項目 開口反射 口腔生理学(生理学)/歯学 神経/筋/嚥下/口腔。

並行

概要 (Wikipediaから引用)

『パラレルワールド』より : パラレルワールド(parallel world)とは、ある世界(時空)から分岐し、それに並行して存在する別の世界(時空)を指す。並行世界、並行宇宙、並行時空ともいう。 「異世界(異界)」、「魔界」、「四次元世界」などとは違い、パラレルワールドは我々の宇宙と同一の次元を持つ。 パラレルワールドを主題とした作品についてはCategory:パラレルワールドを題材にした作品を参照。 「この現実とは別に、もう1つの現実が存在する」というアイディアは、「もしもこうだったらどうなっていたのか」という考察を作品の形にする上で都合がよく、パラレルワールドはSFにおいてポピュラーなアイディアとなっている。 作家の野阿梓は、架空戦記、歴史改変SF作品に見られるような、「もう1つの歴史」を扱う作品と、現実とは異なる次元を扱うパラレルワールドは、SFにおいてはほとんど同じようなものとして扱われてきたとする。

平衡

概要 (Wikipediaから引用)

平衡(へいこう、balance, equilibration または equilibrium )は、物が釣り合って安定していること、あるいはその釣り合い。平衡させることを equilibrate といい、そのときの状況が equilibrium である。balance および equilibrium は「平衡」の他に「均衡」とも訳される。平衡と似た概念として詳細釣り合いがある。 化学反応においては、可逆反応の生成物の変化量と出発物質の変化量が合致した状態を指す。化学平衡を参照。 力学においては、物体に加わっている全ての力の合力と力のモーメントの和がともに 0 である状態を平衡と呼ぶ。力学的平衡(英語: Mechanical equilibrium)を参照。 熱力学においては通常、熱平衡、力学的平衡、化学平衡の三つを合わせて、熱力学的平衡とよぶ。 統計力学においては、系のエネルギー分布が、ボルツマン分布に従うことである。熱力学的平衡を参照。 物理化学においては、複数の物質相から構成される系において、相間の物質の出入りが合い等しい状態を指す。

閉校

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。