「へいこうしへんけい」とは?

言葉 詳細
平行四辺形

概要 (Wikipediaから引用)

平行四辺形(へいこうしへんけい、英: parallelogram)とは、2組の対辺がそれぞれ平行である四角形のことである。 平行四辺形は、台形の一種である。また、特殊な平行四辺形に長方形,菱形がある。 平行四辺形の性質 平行四辺形は、次のような性質を持つ。 対辺の長さが等しい(対辺は2組あるが、いずれもこの性質を満たす)。 対角の大きさが等しい(対角は2組あるが、いずれもこの性質を満たす)。 対角線が他の対角線の中点を通る(対角線は2本あるが、いずれもこの性質を満たす)。平行四辺形は、点対称な図形である。対称の中心は、対角線の交点に等しい。 平行四辺形の対角線によって、平行四辺形を互いに合同な2つの三角形に分けることができる。 平行四辺形の面積Sは 〔底辺〕×〔高さ〕 で求めることができる。これは平行四辺形を面積を変えずに長方形に変形させることで説明できる。 平行四辺形の平行でない2辺をベクトルa, b、2辺のなす角を θ とするとき、面積Sはa, bの外積で表され S = |\mathbf a\times\mathbf b| = |\mathbf a||\mathbf b|\sin\thetaとなる。