「べいこくてん」とは?

言葉 詳細
米穀店

概要 (Wikipediaから引用)

米穀店(べいこくてん)とは、主に農業協同組合(農協)から、卸される米を中心に穀物を扱う食料販売店を示す。一般的には、米屋(こめや)と言われる。冬の時期には、米から作られる餅も販売され、年末時期には「賃餅」(「ちん餅」表記が多い)として、自家製の餅や鏡餅を売る店舗も多いが、パック入りの切り餅や鏡餅の流通に合わせて、そちらを売る店舗が主流になっている。なお、鎌や肥料などの農具や灯油などの燃料を扱う店もある。 日本の小売業