「べいしょく」とは?

言葉 詳細
米食

概要 (Wikipediaから引用)

色=pink 名称=コクゾウムシ 界=動物 動物界 Animalia 門=節足動物 節足動物門 Arthropoda 綱=昆虫 昆虫綱 Insecta 目=甲虫 コウチュウ目 Coleoptera 亜目=多食亜目 :w:Polyphaga Polyphaga 上科=ゾウムシ ゾウムシ上科 :w:Curculionoidea Curculionoidea 科=オサゾウムシ科 :w:Dryophthoridae Dryophthoridae 亜科=オサゾウムシ亜科 :w:hynchophorinae hynchophorinae 族=コクゾウムシ族 :w:Sitophilini Sitophilini 属=コクゾウムシ属 w:Sitophilus ”Sitophilus” Schönherr, 1838 種=コクゾウムシ ”S. zeamais” 学名=”Sitophilus zeamais”ヴィクトル・モチュルスキー Motschulsky, 1855年 1855 和名=コクゾウムシ(穀象虫) 英名=Maize weevilコクゾウムシ(穀象虫、学名 ”Sitophilus zeamais”)は、コウチュウ目(鞘翅目)・オサゾウムシ科のゾウムシの一種。世界各地に生息するイネ科穀物の有名な害虫で、和名もそれを表したものである。また、日本では縄文時代後期の土器圧痕からの検出例があるなど穀物栽培の開始と同時に見られ山梨県都留市の中谷遺跡から出土した縄文晩期前半(清水天王山式期)の土器資料2点から昆虫圧痕が検出されている。長沢宏昌・保坂康夫・中山誠二・野代幸和「山梨県中谷遺跡の縄文時代晩期のコクゾウムシSitophilus zeamais」『山梨県考古学協会誌』(第18号、2008年)、主食であるイネ 稲(コメ 米)を食い荒らす事から「米食い虫」の異名が付けられている。