「べいちょう」とは?

言葉 詳細
米朝

概要 (Wikipediaから引用)

米朝一門(べいちょういちもん)は、上方落語の復興に尽力してきた上方噺家・3代目桂米朝を師と仰ぐ落語家の一派。「桂米朝一門会」などの興行を打つ。また、主に一門の若手のための舞台として「桂米朝落語研究会」を催している。 上方落語の他の一門の多くは吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)あるいは松竹芸能に所属するのに対し、同一門の大半が独立した米朝事務所に所属しているのが特徴である。 ただし、一部は下記の通り米朝事務所以外の芸能事務所に所属したり、フリーとして活躍する落語家も多い。 可朝(元2代目小米朝)一門:「月亭」の亭号を名乗り吉本興業に所属。なお、可朝は吉本離脱後、ケーエープロダクション、スパンキープロダクションを経て、現在はフリーで活動している。 桂朝太郎:松竹芸能に所属。 桂雀々:米朝事務所を退社後は活動拠点を東京に移してフリーでの活動(浅井企画や西口プロレスと業務提携)を経て、現在はラルテに所属している。現在の一門の実質的な止め名は「米團治」である。当代の米團治は5代目(2008年に襲名)。米團治系統の名跡は「米歌子」「米之助」「米朝」「米團治」「文團治」「文治」の順に名前が大きくなる。