「べいはん」とは?

言葉 詳細
米飯

概要 (Wikipediaから引用)

『飯』より : 飯(めし、いい、はん、まんま)とは、 イネ科の米、麦、あるいはキビ亜科の穀物に、水を加えて汁気が残らないように炊いた、あるいは蒸した食品のこと。本項で詳述する。 食事の別名、俗称。 「めし」は本来「召し上がる物」という意味であり、古に高貴な人の行動を直接「食ふ(食う)」と表現するのは憚られるので間接的に「召す」と表現したことに由来し、日本語に継続的に生じている「敬語のインフレーション」(初めは尊敬を込めた表現でも、長く使っているとありがたみが薄れて普通またはそれ以下の表現になる)という現象により、現在はややぞんざいな表現になった。丁寧語は「御飯」(ごはん)。幼児語は「まんま」。老人語は「まま」。現在では特に米を炊いた食品を指す言葉となっている。以下でも主に米を炊いた飯を中心に述べる。 人は生米等のβデンプンをほとんど消化できず、食べてもうまみを感じないが、炊飯の加水と加熱により、消化が良いαデンプンに変化(α化)した飯にはうまみを感じるようになる。