「べいるーと」とは?

言葉 詳細
ベイルート

概要 (Wikipediaから引用)

ベイルート(アラビア語: بيروت‎ Bayrūt、英語: Beirut、フランス語: Beyrouth)は、レバノンの首都であり、ベイルート県の県都でもあり、同国最大の都市である。また、地中海に面した同国第一の海港である。 ベイルートは、この地域における商業、銀行業及び金融の中心地であり、約180万人が居住している。住民は、キリスト教徒(マロン典礼カトリック、ギリシャ正教、アルメニア正教 、アルメニア典礼カトリック 、ローマ・カトリック、プロテスタント)、イスラム教徒(スンナ派、シーア派)、さらにはドゥルーズ派のような少数派に分かれている。この為に中東で最も文化的に多様な都市の一つである。 ベイルートのユダヤ人の大部分は、1975年に戦争が始まった際アメリカ合衆国に移住し、現在はニューヨーク市のブルックリン地区に住む者が目立っている。ベイルートは、レバノン内戦の間に分裂し、イスラム教徒地区の西部と、キリスト教徒地区の東部に分割された。西部はレバノン内戦中は主戦場となり、いまだに廃墟となった高層ビル群が残る一方で、内戦前同様にベイルートの中心地・繁華街でもあり、復興が進んでいる。