「べき」とは?

言葉 詳細
べし

概要 (Wikipediaから引用)

『べしゃり暮らし』は、森田まさのりによる日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2005年44号から2006年30号まで連載され(28話まで)、『赤マルジャンプ』(同)2006SUMMERの掲載を経て(29話)、『週刊ヤングジャンプ』(同)で2007年7号から月2回連載として再開(30話以降)、2009年30号(81話)より隔週連載となり、2012年32号(138話)より不定期集中連載となり、2015年28号まで連載された。単行本は全19巻が発行されている(集英社ヤングジャンプ・コミックス)。 同作の原点として2004年に『週刊ヤングジャンプ』(同)に2週連続で掲載された読切「柴犬」、プロトタイプとして『週刊少年ジャンプ』2005年5・6合併号に掲載された読切「スベルヲイトワズ」がある。 「学園の爆笑王」を名乗る高校生・上妻圭右(あがつま けいすけ)がお笑い芸人を目指す姿を描く。 作者は、前作『ROOKIES』の第17巻の作者コメントで、お笑い芸人の松本人志(ダウンタウン)の大ファンであることを語り、「笑いとは何かを追求していく人の話を描きたいと思っている」「主人公の顔もタイトルも既にできている」と発言。

概要 (Wikipediaから引用)

『冪乗』より : 冪演算(べきえんざん、英: 独: 仏: Exponentiation)は、底 (base) および冪指数 (exponent) と呼ばれる二つの数に対して定まる数学的算法である。通常は、冪指数を底の右肩につく上付き文字によって示す。自然数 n を冪指数とする冪演算は累乗(るいじょう、英: repeated multiplication) に一致する。 具体的に、底 b および冪指数 n を持つ冪 (power) bn は、n が自然数(正整数)のとき、底の累乗 b^n = \underbrace{b \times \cdots \times b}_{n\text{ factors}}で与えられる。このとき bn は b の n-乗とか、n-次の b-冪などと呼ばれる。 よく用いられる冪指数に対しては、固有の名前が与えられているものがある。例えば冪指数 2 に対して二次の冪(二乗) b2 は b の平方 (square of b) あるいは b-自乗 (b-squared) と呼ばれ、冪指数 3 に対する三次の冪 b3 は b の立方 (cube of b, b-cubed) と呼ばれる。