「べく」とは?

言葉 詳細
べし

概要 (Wikipediaから引用)

『べしゃり暮らし』は、森田まさのりによる日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2005年44号から2006年30号まで連載され(28話まで)、『赤マルジャンプ』(同)2006SUMMERの掲載を経て(29話)、『週刊ヤングジャンプ』(同)で2007年7号から月2回連載として再開(30話以降)、2009年30号(81話)より隔週連載となり、2012年32号(138話)より不定期集中連載となり、2015年28号まで連載された。単行本は全19巻が発行されている(集英社ヤングジャンプ・コミックス)。 同作の原点として2004年に『週刊ヤングジャンプ』(同)に2週連続で掲載された読切「柴犬」、プロトタイプとして『週刊少年ジャンプ』2005年5・6合併号に掲載された読切「スベルヲイトワズ」がある。 「学園の爆笑王」を名乗る高校生・上妻圭右(あがつま けいすけ)がお笑い芸人を目指す姿を描く。 作者は、前作『ROOKIES』の第17巻の作者コメントで、お笑い芸人の松本人志(ダウンタウン)の大ファンであることを語り、「笑いとは何かを追求していく人の話を描きたいと思っている」「主人公の顔もタイトルも既にできている」と発言。