「ぺがさすざ」とは?

言葉 詳細
ペガサス座

概要 (Wikipediaから引用)

『ペガスス座』より : ペガスス座 (Pegasus) は、トレミーの48星座の1つ。 比較的明るい星の多い有名な星座である。 α星・β星・γ星・そしてアンドロメダ座のα星(もとはペガスス座δ星)からつくられる4角形は、ペガススの大四辺形として知られる。また、北半球ではペガスス座が秋を代表する星座の1つであることから、『秋の(大)四辺形』とも呼ばれる。 命名はギリシア神話のペーガソス(天馬)にちなむ。一般には英語読みのペガサスで知られ、しばしばペガサス座と呼ばれるが、正式な星座名はラテン語読みでペガスス座という。 主な天体 恒星 α星、β星、ε星の3つの2等星がある。 α星:マルカブ β星:シェアト γ星:アルゲニブ ε星:エニフ 51番星:主系列星。惑星(b)がある。 R星:ミラ型変光星。 S星:ミラ型変光星。 IK星:たて座δ型変光星。 ペガスス座V376星:惑星(オシリス)がある。 HR 8799:かじき座γ型変光星。3つの惑星がある。 星団・星雲・銀河 M15:球状星団 NGC 7331:渦巻銀河 NGC 7332:レンズ銀河 NGC 7619:楕円銀河 NGC 7742:セイファート銀河 その他 アインシュタインの十字架:重力レンズ効果によって4つに分裂して、重力レンズを起こしている銀河とともに十字架に見えるクエーサー。