「ぺきん」とは?

言葉 詳細
北京

概要 (Wikipediaから引用)

北京市(ペキンし、簡体字: 北京市、拼音: Bĕijīng、英語: Beijing/Peking(郵政式))は、中華人民共和国首都である。 行政区画上は直轄市であり、中国の華北の中央に位置する。人口は2018万(2011年)であり、中国では上海に次ぐ第二の都市。世界有数のメガシティであり、高い影響力を有する世界都市でもある。古くは大都・燕京・北平とも呼ばれた。 北京の読み方 日本では一般的に「ペキン」と読む。このペキンという読みは中国南部の方言の唐音に由来する歴史的な読み方である。1906年制定の郵政式アルファベット表記でもPekingと表記されている。 中国の共通語である普通話では、Zh-Beijing.ogg Běijīngと発音し、カタカナに転記すると「ベイジン」や「ペイチン」に近い発音となっている。英語ではアルファベットでBeijingと表記し、「ベイジン」と発音している。国連や北京市の公式サイトにおいても、Beijingを英語の名称として採用している。ただ以前は英語圏でもPekingという表記を多用していたこともあり、北京大学を英語でPeking Universityと表記するなど、その名残を残している。

ペキン

概要 (Wikipediaから引用)

『北京』より : 北京市(ペキンし、簡体字: 北京市、拼音: Bĕijīng、英語: Beijing/Peking(郵政式))は、中華人民共和国首都である。 行政区画上は直轄市であり、中国の華北の中央に位置する。人口は2018万(2011年)であり、中国では上海に次ぐ第二の都市。世界有数のメガシティであり、高い影響力を有する世界都市でもある。古くは大都・燕京・北平とも呼ばれた。 北京の読み方 日本では一般的に「ペキン」と読む。このペキンという読みは中国南部の方言の唐音に由来する歴史的な読み方である。1906年制定の郵政式アルファベット表記でもPekingと表記されている。 中国の共通語である普通話では、Zh-Beijing.ogg Běijīngと発音し、カタカナに転記すると「ベイジン」や「ペイチン」に近い発音となっている。英語ではアルファベットでBeijingと表記し、「ベイジン」と発音している。国連や北京市の公式サイトにおいても、Beijingを英語の名称として採用している。ただ以前は英語圏でもPekingという表記を多用していたこともあり、北京大学を英語でPeking Universityと表記するなど、その名残を残している。