「ぺしみずむ」とは?

言葉 詳細
ペシミズム

概要 (Wikipediaから引用)

『悲観主義』より : 悲観主義(ひかんしゅぎ)とは、ペシミズム(pessimism)の訳語の一つ。厭世観(えんせいかん)とも言う。語源はラテン語で最悪のものを意味する pessimum に由来する。 元来は哲学の分野で用いられる語で、この世界は悪と悲惨に満ちたものだという人生観をさす。反対語は楽天主義(オプティミズム)である。ジャコモ・レオパルディの世界観と世界は盲目的な意志によって動かされているとするショーペンハウアーの思想が悲観主義の代表である。ショーペンハウアーの悲観主義は、『強さのペシミズム』を説いた『悲劇の誕生』におけるフリードリヒ・ニーチェやグスタフ・マーラーの交響曲『大地の歌』、エミール・シオランの思想に影響を与えた。 ショーペンハウアーは楽天主義的な予定調和説を説いたゴットフリート・ライプニッツの充足理由律を発展させて、独自の主意主義的悲観主義を構築した。華厳の滝に身を投じた藤村操もその死に臨んで記した『厳頭の観』を「大いなる悲観は大いなる楽観に一致するを」と締め括っていた。