「ぺなん」とは?

言葉 詳細
ペナン

概要 (Wikipediaから引用)

『ペナン島』より : ペナン州(マレー語:Pulau Pinang、英語:Penang、中国語:檳城)は、マレーシアの州の一つである。 南北24キロメートル、東西15キロメートルのペナン島、東洋屈指の長大橋ペナンブリッジで結ばれる対岸のマレー半島部分のスブランプライにて構成される。 マレー語発音の「プラウ・ピナン」(Pulau Pinang)とは、「檳榔樹 Pinang の島 Pulau」を意味する。 7世紀頃 - モンスーン貿易の経路にあり、インド・アラブ方面、中国方面からの商人が寄港するようになる。 16世紀頃 - インドより出たポルトガルの商人が寄航するようになる。 17世紀頃 - マラッカ海峡の北側の玄関口として様々な国の船舶が通る。 1786年 - シャムの攻撃を恐れたクダ王国は、イギリスのフランシス・ライトによる提案にこたえて、イギリスがクダ王国に軍事援助することと引き換えにイギリス東インド会社にペナン島を賃貸した。