「ぺなんとれーす」とは?

言葉 詳細
ペナントレース

概要 (Wikipediaから引用)

『ペナントレース やまだたいちの奇蹟』(ペナントレースやまだたいちのきせき)は、『週刊少年ジャンプ』にて1991年25号から1994年3・4合併号まで連載されていたこせきこうじの野球漫画。単行本全14巻。 あらすじ 野球が大好きだがド下手な山田太一(以下 たいち)は、少年時代から憧れたセントラル・リーグのお荷物球団・アストロズに入り、三原脩と優勝を目指す事を夢見る。そんな彼の闘志が、アストロズに奇跡を呼び起こす…。 登場人物 アストロズの主要選手 山田太一(やまだ たいち)背番号96 右投げ右打ち 本作の主人公。学生時代はなにをやらせてもダメな少年であった。少年時代から三原監督に憧れ、アストロズを優勝させるという幼い日の夢を叶えるため入団テストを受けて強引にプロ入りする。契約金はわずか10万円。 野球センスは皆無と思われていたが、驚異的な動体視力と反射神経を武器にアストロズ入団後に頭角を現していく。小学生並みの小さな体と腕の短さを補うために平均より2インチ(約5センチ)は長い特注のバットを使用し、赤ん坊のような柔らかい体をバックスイングでねじり、戻る勢いでボールを打ち返す力を最大限に発揮する「大爆発(ビッグバン)打法」で勝利に貢献している。